お金の悩みの解決には現実を見ること

小さな会社の資金繰り問題を解決する方法

小さな会社やスモールビジネスを経営する時に、やはり大きな問題となるのは資金繰りです。

ある程度の規模になると、財務責任者(CFO)を置くこともできますが、小さな会社やスモールビジネスでは、そういった余裕があるはずもありません。

結果として、こういった財務管理も基本的に社長がやることになります。
それがまた、社長の苦悩を増やすことになっていくのです。

資金繰りの悩みを解決する唯一の方法

こうした、小さな会社やスモールビジネスのお金の問題を解決していくためには、間違いを修正して、目の前の現実にしっかりと合わせていくことが唯一の方法になります。

思えば、数年前に「引き寄せの法則」が大流行しました。

しかし、あの引き寄せの法則関係の本やDVDを見た人の、どれくらいがお金持ちになっていると思いますか?

ほとんどいないと思います。

それはなぜかと言いますと、いくら心の中で願ったとしても、現実世界の中で何もしなければ、結局、何も変わることはないからです。

収入を増やしたければ、頑張って労働時間を増やして働くなどの、増やすための行動をしなければ実現しません。

これは、会社の経営でも同じです。

売上を増やしたければ、頑張って売るか、新しい価値を提供して、それをお金に変えるしか無いのです。

このように、現実の世界に合わせるということは、実に夢のないことのように思えます。

しかし、「経済的に大成功する」という期待だけでは、仕入先への支払いはできないし、銀行からの借入金を払うこともできません。誰もが現実から逃げることはできないのです。

潜在意識に書き込まれたプログラム

結局の所、あなたの会社の資金繰りの問題は、社長であるあなた自身がもたらしたものです。

その今の現実が良い状態であれば素晴らしいことです。しかし、少しでも問題があるのであれば、その問題を見つけ解決していく必要があります。

小さな会社やスモールビジネスのお金の問題のほとんどが、経営者の潜在意識に書き込まれてしまったプログラムによって引き起こされています。

こういったお金に関する問題を放置したまま、どのような新しい価値を提供しても、また、マーケティングやコピーのスキルを学んだとしても、結局は、同じ場所を堂々巡りします。

つまり、いつまでたっても、支払いや借入金の返済に苦しむのです。

小さな会社やスモールビジネスの場合、社長の潜在意識に書き込まれたプログラムが、無意識のうちに、経営の進む方向を決めていきます。

この潜在意識が、あなた自身も自覚していない決断を勝手にして、行動させてしまうのです。

これが、小さな会社やスモールビジネスの資金繰りの問題が、いつまでも解決しない原因の一つです。

原因がわかってしまえば、あとは簡単です。この原因を取り除けばいいだけです。そうするだけで、毎月の苦しんでいた資金繰りが、次第に良い循環になっていきます。

関連記事一覧

error: Content is protected !!