資格をとっても収入は増えない

資格を取るよりも情報発信

世の中が不安になったり、不景気になると、資格を取ろうとする人が増えてきます。これは、資格があれば、お金が稼げる、あるいは、仕事にありつけると思うからです。

しかし、それは、収入を増やしたり、成功するために、必要な事ではありません。

資格を取っても収入は増えない

資格を取ったからと言って収入が増えることはほとんどありません。

私も、運転免許、調理師、建築士、教員免許、宅地建物取引主任者、断熱施工資格、行政書士、損害保険の上級資格(今は制度が変わっちゃいましたが)

全部それりに、食えそうな資格ですがあまり役に立っていません。もちろん、そういった資格がないと出来ない仕事もありますが、その仕事ができることと、収入が増えることとは、あまり関連性がないのです。

それよりも、最も大事なスキルはマーケティングだと私は思います。
わたしは、これから起業する人たちによく、強みの話をしますが、強みとは、どんな資格を持っているかではなくて、どんな経験をしてきたかです。

つまり、資格と自分の強みとは、あまり関係が無いのです。
それよりも、これまでどんな生き方をしてきたか?
どれだけ、そのことに真剣に取り組んできたか?のほうが重要になります。

私は、パソコン関連の資格は何も持っていませんが、過去にパソコンのインストラクターを教えていたことがあります。

そもそも資格とは、一定の基準を満たしているということであってそれに優れていることでは無いのです。
不景気だからとか、仕事が無いから、あるいは、もっと収入を増やしたいからといった理由で資格を取るのはあまり意味がありません。

資格を取ったからといって仕事が見つかることや、収入が上がることはほとんど無いのです。

情報を発信する力が最も重要な時代

それよりも、自分の経験やこれまで積み重ねたことを発信していく勇気を持つほうがよほど、収入を増やせるし、上に進んでいけます。
そして、その時に、最も役に立つのが、マーケティングのスキルなのです。

マーケティングスキルと言ってもかなり広いので、もう少し絞ると、今の時代では、「情報を発信する力」です。
「情報を発信する力」とは、あなたの生き方や価値観をどれだけ多くの人に伝えていけるかということです。
これがそのまま、「見込み客」を集めることにつながっています。

お店を経営するというのは、実はとても単純なもので、見込み客をなるべく安いコストで集め、ファンにしてその後セールスをする活動です。
だから、「情報を発信する力」があれば、見込み客を集めることができるので、どのようなビジネスであっても繁盛させることができるのです。

だから、あなたが身に付けるべき最初のスキルは、
「情報を発信する力」
これになるのです。

関連記事一覧

error: Content is protected !!