小さな会社の為の4次元マーケティング

あなたの会社やお店は儲かっていますか

「あなたの会社、儲かっていますか?」

もし思うように売上が上がってなかったり、利益が出ていないなら、それは、あなたのビジネスのやり方が間違っているからです。

小さな会社やお店が儲かる為には、小さな会社に特化した独自のマーケティング手法が必要になります。

そもそも小さな会社とは、カテゴリー的に言えば 従業員5人以下の小規模事業者になります。
中小企業が50~300人に対して、小規模事業者は、製造業で20人以下 商業・サービス業で5人以下となります。

大企業と比べるべくもなく 圧倒的弱者が小さな会社なのです。
だから、小さな会社や個人事業の取るべき戦略は、大企業とは全く違います。
中小企業とも違います。

ここをついカン違いする社長が多いのです。

小さな会社の為の経営戦略

小さな会社は、たいていの場合、大手や中小企業の真似を してしまっていたりします。
この戦略の間違いが、上手くいかない主な原因です。

大企業が正攻法で行くのであれば、小さなお店や小さな会社はゲリラ戦なのです。
ゲリラ戦と言っても判りにくいいので言い換えると、Only1を目指しNo1を目指さないということです。

No1を目指すと、そこは競争の世界になります。
市場シェアを争い、価格競争を繰り広げる弱肉強食(レッドオーシャン)の世界になります。
これでは、体力のある会社が生き残ることになりますから、小さな会社は、勝ちようがないのです。

そこで、あなただけのOnly1を目指し、競争のない世界(ブルーオーシャン)で経営をしていくことが求められるのです。

これが、小さな会社の経営戦略です。

そのためには、無理な拡大を目指さない(価格競争をしない)ことが重要なのですが、反面、市場が小さくなるという問題が生じます。

そして市場が小さいと当然売り上げも 少なくなってしいます。
だから、大金を得ることを放棄する必要が出てきます。

多くの人が、小さな会社の経営戦略の説明を聞いて戸惑うのはココの部分です。

「はたして、それでビジネスが 上手くいくのだろうか?」

そう考えてしまうのです。

そうして、つい、よく目にする大企業と同じような戦略を 取りがちなのです。

時間軸のマーケティング

小さな会社の経営戦略においては、市場を捉えるときに面積ではなく時間をその中心に置きます。
面積のマーケティングではなく、時間軸のマーケティングです。

どれだけの市場やニーズがあるかではなく、顧客の一生においてどれだけ 自分の商品を購入してもらえるかにフォーカスするのです。

つまり、これまでが3次元(空間)の マーケティングであったものが、4次元(時間軸)のマーケティングに移行するということです。

多くの人にどう気に入られるかではなく、一部の人で良いので長期にわたって (一生涯、できれば何代にもわたって)商品を繰り返し購入していただく。

「あなたのお店だから買いたい!」

顧客にそう思ってもらうこと。
これが、小さな会社の経営戦略の核心部分になります。

複数世代価値を考える

あなたも、これまでに、 Life time Value (生涯価値)という言葉を聞いたことがあると思います。
小さな会社の経営戦略では、 それを、さらに広げて考えます。

つまり、Generations Value (複数世代価値) として考えていきます。
当然、その結果としてビジネスのやりかたは大きく変化するはずです。

親の代からお世話になった店 あなたの周りにも、こういう小さな会社やお店が存在したはずです。 小さな会社が目指すべきなのは、こういったスタイルなのです。 問題は、お金を稼ぐことではありません。 どうすれば、生涯にわたって、あなたとあなたのお店や会社を支持してくれる、そういったお客さんを作り出すかということです。 これが小さな会社が中心にすべきOnly1を目指す小さな会社の経営戦略なのです。

親の代からお世話になった店

親の代からお世話になった店

あなたの周りにも、こういう小さな会社やお店が存在したはずです。
小さな会社が目指すべきなのは、このようなビジネススタイルなのです。

問題は、お金を稼ぐことではありません。
どうすれば、生涯にわたって、あなたとあなたのお店や会社を支持してくれる顧客を作り出すかということです。

これがOnly1を目指す小さな会社の経営戦略なのです。

関連記事

  1. 暇な時期を上げるのは頂上を高くする

    暇な時期の売上を上げる方法

  2. セールスの道を切り拓き達人を目指す

    セールスの基本

  3. 顧客の入口は多いほうが当然いい

    中小零細企業でも全国から集客できる

  4. 売れる為の黄金ルール

    小さな会社の社長は「売る」ことをもっと考えよう

  5. 「誰」に「何」を「なぜ」売るのか

    売れる商品について理解していますか

  6. ビジネスの仕組を構築する

error: Content is protected !!