経営の目的は何か判っていますか

まずはお客さんのことを好きになることから

人間は、どうしても他人の価値を高く見積もり、自分の価値を低く見積もりがちです。
そして、これが会社やお店の経営に大きな問題の影を落としています。

つまり、顧客に対して腰が引けてしまうのです。

「自分なんか、大したことができない。」

つい、こう考えてしまうのです。
ここを改善していくことが経営を見直す第一歩となります。

顧客の悩みを考えていますか

自分の提供する価値を見直すときに、次の質問をし続ける必要があります。

それは、

「顧客の悩みとは何か?」

ということです。

一般的に、顧客の悩みとは、何かを決める時(商品を買う時など)に、その決断について、上手くやりたい。出来る範囲で最高の決断をしたい。

こう考えているわけです。

しかし、たいていの場合、何が正しい決断なのか自信が持てないでいます。
そうすると、たいてい、あまり行動を起こさないようにしようとします。

間違った行動をしてしまうのは怖いし、失敗してしまった時の損失が頭をよぎるからです。

顧客の友人になる

そんな時に、顧客が探すのが、信頼できる専門知識を持った友人です。

その人は、自分にとって、一番ためになることをよく判っていて、利益になるようなアドバイスをくれる。

そして、そんな友人が欲しい!
そう、考えているのです。

つまり、あなたが、顧客の為にやるべきことは、この友人になるということです。

「顧客という名の友人を作る」

これこそが、会社やお店の経営の根幹に位置することなのです。

まずここから、出発してください。

友人になる為には、顧客を、金儲けの対象以上の大切なパートナーだと考え、その人の幸せや成功が、あなた自身の幸せや成功と直結していると考えることです。

つまり、顧客の幸せが、自分の幸せになるということです。

そもそも、ビジネスの成功とは、他人の問題を解決することから始まります。

問題を解決することが、顧客の人生を豊かなものにし、その結果として、あなた自身の人生や家族や従業員の人生も豊かにしていきます。

顧客のことを好きになる

あなたが、会社やお店を経営するのであれば、ただ、お金を稼ぐという目的以上に、もっと高い目標が存在する事を意識してください。

顧客の抱えた問題を解決する手助けをし、選択肢をできるだけ広げてあげ、それを実現する方法を見つけるのに手を貸す。

これこそが、経営の本当の目的なのです。

その為には、顧客の人間性を理解し、その存在に、最大限の敬意を払うことです。

もっと簡単な言い方をするのならば、

まずは、

「お客さんのことを好きになる」

ことです。

好きだから、大事にする。
好きだから、尊敬する。
好きだから、役に立ちたいと思う。

その結果として、会社やお店が繁盛し、自分の人生も、家族も、従業員の人生も、よいものになっていくのです。

関連記事

  1. ビジネスの根幹となる「売上方程式」

    小さな会社の売上を倍増させ繁盛させる売上方程式

  2. 3年で売上を倍にすることは誰でもできる

    小さな会社の売上を倍増する売上方程式

  3. 利益を出す方法には2つの道がある

    売上に対する考え方で小さな会社の成功は決まる

  4. 経営が行き詰る理由は安すぎるから

    小さな会社の社長は数字に強くなろう

  5. 経営において資金繰りの問題が最も辛い

    経営の悩みから抜け出すには売るしかない

  6. 短期(3ヶ月~1年)中期(3~5年)長期(10年)

    長期・中期・短期の目標を設定する

error: Content is protected !!