ビジネスの仕組を構築する

小さな会社や個人事業といった中小企業の場合、一番の問題は、経営資源、つまり資金や人材が、そもそも少ないということにあります。

こののブログで、ビジネスのポイントについて、ここまで解説してきましたが、問題は、仮にそれを実行したくても、お金も人も足りないという現実があります。

そのため、売上を増やす為に、いろいろな手を打ちたくても、やりようがないという悩みが生じるのです。

ビジネスの仕組みの構成

こうした問題をできる限り解消するためには、「ビジネスの仕組」を作る必要があります。

ビジネスの仕組とは、見込客、新規客、既存客、上得意客(ファン客)と自然に流れていくビジネスの仕組(マーケティングモデル)です。

中小企業の場合には、まず、この仕組を明確化して、出来る限り、労力や資金、そして時間を
取られないようにしていく必要があります。

このようなビジネスの仕組は、以下の4つの部品から成り立ちます。

(1)お客さんが入ってくる入口
(2)お客さんが流れていく通路
(3)お客さんがお金を払うキャッシュポイント
(4)こぼれたお客さんを再び汲み上げる

ここを、意識的に定型業務化して、できれば外注やオンラインの仕組みを使って自動化していくことです。

よく言われるビジネスモデルとビジネスの仕組は、まったく別のものです。

ビジネスモデルとは、複数のビジネスを階段状に積み上げていくもので、たとえて言えば、会社全体となります。会社は、工場がいくつかあって、営業部があって、といろいろな部門の組み合わせで成り立っています。

ビジネスにおいては、フロントの商品があって、バックエンド商品があって、広告などでブランディングをしてといった、ビジネスの全体像を意味するものです。さらには基本コンセプトなども、ビジネスモデルになります。

しかし、ビジネスの仕組は全く違います。

これは、一つの工場をイメージすると分かりやすくなります。オートメーション工場では、材料が運ばれて、加工されて商品になって出荷されていきます。

これと同じように、お客さんがお店に運ばれ、売上げに加工されれていきます。余った材料(買わなかったお客さん)は、再び工場に戻され、また、売上に再加工されます。

こうした、お客さんが流れる仕組を、会社やお店に作り上げて、そこにお客さんを流し込んでいき、手間なく売上が上がっていくようにあたかも部品のようにそれぞれのパーツを組み上げていくことが、ビジネスの仕組となります。

これを、

(1)お客さんが入ってくる入口
(2)お客さんが流れていく通路
(3)お客さんがお金を払うキャッシュポイント
(4)こぼれたお客さんを再び汲み上げる

この4つに分けて、仕組化して自動的に手間なく売上が伸びていくようにします。
これらは、経営をただしていれば自然にできるものではなく、意識的に作る必要があります。

売れる仕組を作り上げる

さらに、中小企業では。こうした部品を利用して、できる限り自動で売れる仕組を構築していくことも必要です。

少ない経営資源で無理なく利益を出すためには、こうした売れる仕組み構築していくことが、どうしても必要になるのです。

売れる仕組とは、

(1)見込み客を集める
(2)見込み客に対して教育をする
(3)商品やサービスをセールスする。

この3つの段階を計画的に進めていくことです。

「見込み客を集める」とは、
あなたの商品やサービスによって得られるメリットに興味のある人を
集めていくことです。

「見込み客に対して教育をする」とは、
あなたの持っている価値観や商品のメリットを理解してもらうことです。

「商品やサービスをセールスする」
これは、もういいですね。

ただ、売るということです。(ただ意外にこれ、できてない人多いですよ)

これらをビジネスの仕組として構築して、この道のりを、それぞれのお客が、自然に歩いていくようにつくるのです。

こうしたビジネスの構成を作ることで、少ない資金や人員で無理なく売上を増やすことができるようになります。中小企業や個人事業を経営するにあたっては、必須のスキルと言っていいものです。

関連記事

  1. 暇になるから何か販促をしなければ

    新規客を集める時期を理解っていますか

  2. マーケティングについて理解していますか

    利益を出したければマーケティングを学ぶこと

  3. ファン客や得意客は育てるしかない

    ファン客や得意客の集め方

  4. 言葉の定義から経営が見えてくる

    マーケティングとは何か

  5. ネットマーケティングのコツはひたすら書くこと

    文章を書くことがネット集客の第一歩

  6. あなたの会社を繁盛させる最適化

    小さな会社が繁盛するためには改善を積み上げ最適化することが鍵になる

error: Content is protected !!