顧客は必ず変わっていく

世界の全ては移り変わっていく

この世の中の全ての物事は変化していきます。
何もかもが一瞬後には変わっています。

これが絶対の真理です。
だから、いいのです。

今、何かが上手くいかなくても、それは必ず変わっていきますから、いずれ上手くいくかもしれません。
反対に、今すごく良くても明日悪くなるかもしれません。
これは、当たり前のことなのです。

しかし、なぜか人は変わらないものを求めてしまいます。
どうしたら絶対にうまくいくのかと考えます。
しかし、それはありえないことなのです。

物事は必ず変化します。
あなたも変化します。
全てのものは変化しますから、絶対同じなどというものは存在しないのです。

顧客も変わっていく

この世界の全てのものは変わっていきます。
顧客も変わっています。
だからビジネスの仕方も当然に変わってくるのです。

顧客は常に変化しています。
しかし、全員が同じように変化していくことはありません。
ここは、勘違いしないでいただきたいことです。

一人一人のお客さんは、それぞれ別々です。
しかも、常に変化していくということです。

だから、今いるお客様も、次にまた買ってくれるということはありません。
最高の上得意客だからといって明日もそうであるということはないのです。

これは、どちらがどうということではなく、顧客の状況や考え方などは、日々変化しているということです。

だから、今日は選んでくれたとしても、明日選んでくれるとは限りません。
反対に、今日他のお店で買ったお客様が、明日自分のところで購入してくれるかもしれないのです。

時代の変化に合わせて変化する

このように、お客様は常に変化していきます。
しかし、この変化に無理に合わせていってはいけません。

時代の変化に合わせることは重要ですが、個々のお客様の変化に対応してはいけないのです。
というか、そんなことはできないのです。

だから、いまいるお客様がいなくなるのも必然ですし、新しいお客様が来るのも必然なのです。
ここのところを、しっかりと捉えておくと、むやみに希望を失うことはなくなるのです。

では、どうすればいいのかと言いますと、ただひたすら観察すればいいのです。

よく観察すれば物事がどう変わっていくかが見えてきます。
観察することで、自分がどう変わるべきかも見えてくるのです。

関連記事

  1. ビジネスにおいて失敗は恐れなくていい

  2. 顧客の優先順位を間違えてはいけない

    常連客の持つ不満をわかっていますか

  3. 平等思考では繁盛できないし儲からない

    小さな会社は平等思考を捨てよ

  4. パソコンなんでダサ!今はスマホだけ!

    勝ち組と負け組を分ける要因

  5. 顧客に「価値」を提供しないビジネス

    全自動で稼ぐことはしないほうがいい

  6. この世界を絶対的に支配する大数の法則

    経営思考の基本にあるのは大数の法則

error: Content is protected !!