利益を出したければマーケティングを学ぶこと

マーケティングについて理解していますか

ビジネスにおいては、よくマーケティングという言葉を使います。
では、そもそもこの、マーケティングとは何でしょうか?
こう問いかけられて、スパッと答えられる人は、普通いません。
こうした経営の知識を身に付ける上で、言葉の定義を明確化しておくことが理解の鍵となります。

マーケティングの定義

マーケティング(英: marketing)とは、企業などの組織が行う活動のうち、顧客が求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにすること。

上記は、Wikipediaによるものです。

これ、理解できます?
すっごく、判りにくい・・・
さらには、

マーケティング活動は、狭義には商品またはサービスを購入するポテンシャルのある顧客候補に対し、情報提供(情報収集)などの活動で相互学習状態を形成して購買に至らしめ、さらなるコミュニケーションによって固定顧客化して顧客価値を高め、再購入や顧客連鎖を促進する、などの企業活動の拡大再生産、維持を図るための一連の行為・・・

とまあ、ここまでくると、もはやお経状態です。

確かに、書かれていることは、その通りなのですが、これで、ちゃんと理解できたあなたは、正直すごいです。
これでは、普通の人はピンとこないですよね。ピンと来ないから、現実には、何をしたらいいかが判らないのです。

そこで、むちゃくちゃ嚙み砕いて説明してみます。

マーケティングという言葉を、もう少しわかりやすく、もっと簡単に、表現するなら、経済的に購入できる人に、あなたの商品を欲しいと思ってもらい、買いに来てもらうことです。

つまり、

「これ売ってください」

と、お客さんがあなたの目の前に来るようにすることがマーケティングです。

購入のために来てもらった後は、あなたが、そのお客さんに売るだけ。

これを日本語で表現すると、「売る」になりますが、英語だとクロージングとなります。
つまり、商売は、マーケティングとクロージングで成り立つということです。

売れる仕組み

このマーケティングを、日本語に言い換えると売れる仕組みということができます。
これもまた、わかりにくいので詳しく説明しますね。

売れる仕組みとは、2つの段階があります。

まず、商品やサービスが「売れる」ようになるため

(1)需要を見つけ出し、それに合う
   商品やサービスを開発するか調達する。

(2)その需要を持った見込み客を集める

(3)集めた見込み客に商品の効果と手に入れた時のメリットを伝える。

(4)その商品はどうすれば手に入るかを伝える。

こうなります。

これが、「売れる」という部分です。

そして、「仕組み」の部分は、これらを会社の中で意識して作業をルーティン化し、長期的に収益が上がるようにすることです。

こういったことを総合して、マーケティングと呼ぶのです。

マーケティングで利益が増える

つまり、マーケティングが上手くいけば、あなたの会社に、お客さんがほったらかしで買いに来る状態になるということです。

そうすれば、あとは、

「これなんか、いかがですか?」と、

一押し(クロージング)するだけで、商品が売れていきます。

商品が売れた後も、そのお客さんが、フォローされ、リピート化、固定化し継続して、売上があがり、利益が出続けるように仕組み化します。ここも、マーケティングの役割です。

さて、こう考えてくると、商品を売る為に必要なものは、これだけしかありません。つまり、マーケティングとは、商売の中心であって、全てと言っていいのです。

だから、他の何を学ぶよりも、マーケティングを学ぶことが、商売が繁盛し儲かるようになるのです。

関連記事

  1. 社長の人間性こそが最大の武器になる

    小さな会社ほど細分化された市場を意識すること

  2. 売り込まなければ誰にも知られない

    少ない予算でテストマーケティングをしよう

  3. 最も重要なスキルは文章を作る技術

    伝える技術

  4. 発信する総てのメッセージを統一する

    あなたの発信するメッセージは統一されているか

  5. 経営理念とはあなたの人生観のこと

    価値観や世界観を語る

  6. 今始めなければ半年後に大きな差になる

    ネット集客の重要性

error: Content is protected !!