お金そのものにはなんの価値もない

お金を稼ぐことの本質について

お金の持つ能力とは

ほとんどの人間は、お金を稼ぎたいと思っています。これはまあ、間違いないです。

こういった欲求は生存欲求に根ざしたもので、お金をたくさん持っていると、安心できるということがその根底にあります。また、お金は、権力にも変わりますから、どのような人間でも多く持ちたいと考えるのは自然の流れです。

では、この、お金そのものには、どのような能力があるかといいますと、それは、価値と交換できるということです。

お金があれば、現代社会においては、大抵のモノやサービスと交換することができます。つまり、お金を払うと、ほとんどの物が所有できたり、また、あらゆるサービスを受けたりすることができます。つまり、お金があれば、あなたが、価値を感じるものと交換することができるということです。

これがすなわちお金の能力です。

お金自体にはまったく価値がない

お金には、本来何の価値もありません。ただの印刷された紙切れです。
しかし、これを国家が価値と交換できることを保証する(つまり税金として納税を認める)と、あらゆるものとの交換が可能になります。

じゃあ、この保証した国家が信用できなくなると、どうなるかというとお金の価値が暴落していきます。
その国家の信用とは何かというと経済力や軍事力になります。

すぐに滅びてしまいそうな国のお金は誰も持ちたくありません。すなわち、ドルの価値はアメリカの軍事力が支えていて、円の価値は、経済力と日米安保条約が支えています。

つまり、お金というのはそのものには価値がなく、価値と交換できる能力を国家から与えられて、初めて価値を持つということなのです。

まず、お金の基本概念として、これらを覚えておいてください。

お金を稼ぐこととはどういうことか

お金を稼ぐこととはどういうことか

それでは、お金を稼ぐということはどういうことでしょうか?

お金を稼ぐとは、価値と価値を交換することです。あなたが、何らかの価値をお客さんに提供してその代わりに、お金という価値をうけとる。これが、お金を稼ぐということです。つまり。10万円の価値のあるものを提供して10万円を払ってもらう。これが、お金を稼ぐということです。

しかし、ここでよく考えてみてください。
あなたは、そのお金をどうするのでしょうか?
そのお金を使って、食べ物を買ったり、洋服を買ったりしますよね。つまり、お金を稼いでも、他の価値と交換するのです。

だったら、より直接的に、価値を提供する代わりに、他の価値でもらうことも可能なのです。
例えば、あなたが、あるレストランに集客を教えたとします。この時に、お金の代わりに食事を食べさせてもらう契約をすることもできるのです。これはほんの一例ですが、お金を稼ぐことに固執しないでも、いろいろな方法で豊かになることができるものです。

あくまでも、ビジネスとは価値と価値を交換することで商品やサービスとお金を交換することではないのです。

お金を稼ぐとはいかにして価値を提供するかということ

お金を稼ぐとは価値を提供すること

ですから、あなたが考えるべきことは、いかにして価値を提供するかということであり、その対価として何を受け取るかということです。

お金は、ほかに受け取るものがないときに初めて受け取るべきものなのです。お金を稼ぐためだけを考えていては、かえってうまくいかなくなります。そうではなくて、お客さんにとっての価値をどのような方法で提供して、どのようにその対価をもらうのか?
これを考えるべきなのです

これを、お金、お金と考えるからかえって稼げなくなるのです。

お金の原理幸福の原理

関連記事一覧

error: Content is protected !!