全自動で稼ぐことはしないほうがいい

顧客に「価値」を提供しないビジネス

インターネットを使ったビジネスの世界では、よく「全自動」ということがいわれます。

この手法、このツールを使えば、あとは、ほとんど手を動かさなくても全自動でOK!
こんな意味合いの謳い文句を、多くのセールスレターでよく見かけます。

もし、すべてを「全自動」で行い、利益を生み続けることができたら・・・
きっと、良い暮らしができるんでしょうね。

あくせくと働かなくても、自分の代わりに「何か」が動いてくれているんですから。
それで、稼ぎも手に入るんですから。

誰でもこんな生活に憧れてしまいます。

全自動は詐欺につながりやすい

しかし、これは、目先のことしか考えられていない発想です。
悪い言い方をすれば、「ラクして、金を儲けたい一心」だということです。

「自分だけは得したい」
「自分が稼げればそれでよし」

そう言っているということです。
そして、哀しいかな、「自分がラクするため」となると、自ずと詐欺的な発想にならざるを得ないのです。

何をもって「詐欺」というかは微妙な問題ですが、やはり、「お客さんのために」と考えて、「価値」を創造し、提供していくことがビジネスの望ましいあり方なのです。

「全自動」の裏返しは、新たな「価値」を作り上げないということとほぼ同義です。

つまり、究極のところ、
『顧客に「価値」を提供しないビジネス』
ということになります。

そんなビジネス、長続きすると思いますか?

売れればいいんだっていう人と、売って、顧客を幸福にしてあげたいと思っている人とでは、当然差が出てきます。

くどいようですが、やはり「お客さんのために」と思わないと、「価値」を生み出すための新しい発想自体が生まれてこないのです。

全ては顧客の幸福のために

私たちがビジネスをする目的は、お金儲けだけではありません。

会社をただ大きくするのではなく、かかわった人達(顧客も経営者も社員も)すべての幸福を目指す。
そして、顧客とのつながりの中で、喜んでもらい感動してもらう。
その結果として、商品が売れていく。

こうした仕事のあり方こそが、本来のビジネスだと私は思うのです。

目先の利益を追い求めると確かに今は儲かりますが、未来でうまくいかなくなります。

商品にお客様の幸福のために売ることを『徳』を積むと言います。
安定的な利益を得たいと思うのであれば、近視的に利益を追い求めるのではなく、徳を積むことが重要なのです。

関連記事

  1. 依怙贔屓(えこひいき)こそが儲かる鍵

    依怙贔屓(えこひいき)こそが小さな会社が儲かる鍵になる

  2. 商売は大金を集めることが目的ではない

    小さな会社は大金を集めることを目的にしてはいけない

  3. 新しい商品の開発は本当に必要か

    無理にイノベーションを起こさない

  4. ブティック化の波が押し寄せている

    ビジネスにおける格差社会の原因とブティック化の波

  5. あなたの会社は本当に必要とされてますか

    災害から再起する為に日頃からやっておくこと

  6. ビジネスにおいて失敗は恐れなくていい

error: Content is protected !!