ビジネスとは何か?

ビジネスとは何でしょうか?

ビジネスの定義について考えたことがありますか?

基本的には、お客さんに何かを与えて、その代りにお金をいただくこと、これがビジネスです。
この時に何も与えずに、お金だけもらうことを「やらずぶったくり」といいます。
これは、もうビジネスではありません。

それでは、何かを与えることを「+」、何かを受け取ることを「-」としましょう。
お客さんとの関係でが、トータルで+になっていれば、そのお客さんは、あなたに対して魅力を感じている状態です。反対に-になっていると、お客さんはあなたのことが嫌いになります。

こうして考えていくと、利益の本質が見えてきます。
つまり、ある原価の商品に、何か形の無いものを加えて、価値を上げてそれと交換にお金をもらえると利益が出ます。

つまり、ビジネスで利益を出すとは、形のない何かを相手に与えて、その代りにお金を受け取ることなのです。

利益はお客さんの喜びと交換でもたらされる

では、この形のない何かとは何かといいますと、それは、一言で言ってしまうなら「喜び」です。
お客さんは、その商品の価値を得て喜びを感じます。
「気持ちイイ」とか「楽しい」とか、「かっこいい」といったものです。

つまり、ビジネスとは
「お客さんに喜びを与えることでお金を受け取ること」
なのです。

こうして考えてくると、ビジネスで大事なことは、どのように売るかとか、どのような商品なのかというのは二の次で、どのように、お客さんに喜びを与えられるかということこそが、本質だということになるのです。

ビジネスにおいて成功することはまず与えることだという話は、一度は聞いたことがあるかと思います。
しかし、じゃあ何を与えたらいいのかということが、よくわからないまま、結局何もできなかったのがほとんどではないでしょうか。

「ビジネスとは、お客さんに喜びを与えることでお金を受け取ること」
ここが、わかると何をすべきかがわかってきます。

お客さんとの関係が最も大事

突然ですが、ビジネスをやっていく上で最も大事なことはなんでしょうか?
それは、お客様との関係です。

そもそも、中小企業のビジネスということは、お客様の数が、何万人もいるわけではありません。
そうなると、当然一人一人のお客様の重要性が相対的に大きいのです。

だから、お客様に対する気遣いや心遣いが大きな会社より劣っているのでは、存在意義がなくなります。

大きな会社にできない、そして、ほかのどの会社にもできないお客様に対する行動が大事なのです。
一人一人のお客様の顔を思い浮かべてそのお客様が本当に必要なものを提供する。
一人一人お客様の幸せを願って行動する。

ビジネスのあるべき姿とはそこなのです。

関連記事一覧

error: Content is protected !!