ネット検索で得られた情報が全てではないことを知っておこう

ネット検索で得られた情報が全てではないことを知っておこう

ここのところ、占い師を何人か養成しています。
といっても、占いを教えるのではなくマーケティングを教えています。
(一部の人には占いも教えていますが…)

集客ができるマーケティングの力は、どんな業種であっても有効です。
それが、占い師のようなマーケティングと無縁そうな業種であってもです。

ネットで検索するとライバルがいっぱい

そこで、こういった質問がありました。
「タロット占い師って、もう飽和状態じゃないですか?」

たしかに、ネットで調べるとたくさん出てきますよね。
ざっと見ただけでも数十件もあります。

それを見て、

「ああ、こんなにたくさんいるんだから、
 ライバルが多すぎて、うまくいきそうにない」
ついそう考えてしまいがちです。

これが、多くの方が間違うところです。

「ネットで検索すると、こんなに沢山出てくる。
 だから、ライバルが多くて その市場はもう飽和していて売れない・・・。」

ほとんどの人がこう考えて、参入することすらあきらめてしまうのです。

しかし、これ、完全な勘違いです。

あなたのビジネスはどれだけのお客さんが必要なのか

そもそも、あなたは経営するためにどれだけのお客さんを必要としているのでしょうか?
これは、どの業種であっても、どの仕事であっても同じです。

タロット占い師を軌道に乗せる顧客数ってどれくらいですか?
せいぜい数百人程度ではありませんか?

1人3,000円として、100人で30万円の売上。
リピーターも含めれば、数百人で、食べていくには十分です。

では、ネットを検索している人どれくらいいますか?

数百万人は軽くいるでしょう。

そのうち検索して出てきた数が数十件!
どうみても、スカスカです。

ネットの世界が全てではない

ネットで検索して出てくるほんの一部分だけを見れば 確かに市場は飽和しているように見えます。
しかし、全体像を想像してみたら、 全く別のものが見えてきます。

そもそも、世界は、インターネットだけではありません。
確かに今は、便利なので、つい手軽に検索する癖がありますが、そこに出てくるものは、この世界のほんの一部でしかないのです。

これは、お店や会社の話だけではなくて、得られる情報についてもまったく同じです。

ほとんどの人が、インターネットで検索して、すべてを知ってしまった気になっている。
これが、今の人の陥りがちな欠点なのです。

世界中がネットでつながったとはいえ、それがこの世界の全てではありません。
検索する時には、それは世界の一部でしかないという前提を忘れてはいけないのです。

ネットを使うようになってから、私たちはつい検索結果だけを信じるようになりました。
そこに出てこないことは、この世界に存在しないように思えるのです。

しかし実際には、ネットの世界はこの世界のほんの一部なのです

ネット検索で得られた情報が全てではないことを知っておこう

関連記事一覧

error: Content is protected !!