言葉は通じていないのが当たり前

言葉は通じていないことがあたりまえ

コミュニケーションが困難になっている

今の時代の特徴は、誰もがスマホを持って自分の音楽を始終聴きながら、他者とのコミュニケーションを拒否している点にあります。
電車に乗っても、ほとんど全員が、スマホを見つめています。

そんな状態が続き、個人の嗜好の世界が確立していくにつれて、現代では、コミュニケーションの問題が起きてきます。

言葉というものは、基本になる部分を除いて、それぞれの分野の独特の表現が存在し、個人間の会話においては、それぞれの嗜好の分野の言葉が使われるものです。
そのため、自分の興味のない分野の言葉が理解できずに、同じ嗜好の者同士以外とのコミュニケ―ションが困難になってしまうのです。

つまり今は、同じ嗜好を持つ者同士の会話が成り立つのに対し、それ以外の嗜好の持ち主とは、会話が成り立ちにくいという時代になっているのです。

世界はコミュニケーションで成り立っている

この世界はコミュニケーションで成り立っています。
全ての情報は、言葉によって伝えられていますので、その言葉が通じないということは、あらゆる情報が正確に伝わらないということです。

これは、ビジネスにおいても同様です。

世の中の全てのセールスは、言葉によって行われます。
動画や画像なども、非言語の言葉と言えるものです。

だから、全てのセールスは、言葉の上に成り立っているのです。
ビジネスなどでセールスを行う場合には、このコミュニケーションの壁を乗り越えて行く必要があるのです。

通常、このコミュニケーションとは、 共通の言語によって行なわれますが、その共通理解が減ってくると、お互いが何を言ってるのかが 理解できなくなっています。
つまり、それが物が売れない原因の一つといっていいのです。

世代間ギャップから思考のギャップへ

以前は、こういった言葉の認識の違いは、世代間ギャップなどと いわれていたわけですが、今では、それは嗜好のギャップとなっています。

自分の嗜好の世界にどっぷりはまっているため、その世界の言語がコミュニケーションの中心になります。
同じ嗜好を持つ同士であれば、共通言語で話ができますが、一歩そこから離れてしまうと、会話が成り立たなくなります。

私たちは、コミュニケーションを 言葉で行なっていると思っていますが本当は、それぞれの持っている世界を 通して言葉を聴いているに過ぎないのです。

それぞれの世界の中に、独特の共通言語があり、それを基にコミュニケーションが成立します。
だから、例えば、私がこうして書いている文章も、受け取る人によって○に感じたり、△に感じたりしてしまうのです。

自分の言葉は他人には通じない

そうなると自分の考えを一生懸命伝えようとしても、それは、まったく通じないのです。
ここに気がつくと、言葉の本質が見えてきます。

そもそも、言葉とは、誰のためのものでしょうか?
私たちは、つい、自分のために言葉を使ってしまいます。

しかし、言葉とは、本当は受け取る人のためのものです。
自分の為にであれば、言葉を発する必要はありません。
言葉とは、受け取る相手のための ものなのです。

しかし、私たちは、相手のことを考えて、相手の環境や、感情、思考を考えて言葉を発することはありません。
だから、言葉が通じなくなるのです。

その通じない言葉で、一生懸命に話し、相手が理解しないと腹を立てる。
こんなことは、あまりにもばかげています。

言葉は通じないのが当たり前なのです。

参考記事:「技術の進歩がもたらしたもの」 「流行り歌が消えた時代」

関連記事一覧