大きな変化が日本を襲っている

生活と環境が激変しつつある日本

大きな変化が日本を襲っている

今後、大きな変化が日本を襲います。というか、既にそれは始まっています。

これまでの大量生産モデルは、明らかにすでに終焉を迎え、ハンドメイドによる高付加価値商品に消費者のニーズは集まってきています。これまでのビジネスモデルに拘泥する企業は、ほとんどが苦境に立たされることになります。

今やマクドナルドやワタミで食べたり、飲みたいと思う消費者は少数派なんです。これが、そのままマクドナルドやワタミの業績に反映しているわけです。

さらに、スーパーマーケットや家電量販店といった業態は、アマゾンの前には全く無力で、その意味ではあらゆる業種で個人商店化(ブティック化)が起きます。

1970年代の高度成長期に潰されていった個人商店(ブティック)が、ここへきて時代の最先端ということになります。いかに高付加価値をつけられるか、という視点を持たない限りどのような業種であっても生き残りは不可能な時代に入ったのです。

その意味では少量多品種、高付加価値商品の生産が得意な小さな会社には大いにチャンスがあります。

第4次産業革命がもたらすもの

そして、日本では、今、新たな産業革命が始まっています。その一つが、サービス業への自動化・無人化の浸透です。つまり、AIによるロボット化です。(もちろん他にもありますが)

たとえば、スーパーや、外食産業などで既に完全自動化レジが完備され、従業員が2-3人で済む、というような状況が生まれつつあります。この完全自動化レジはコンビニにも入ってきました。つまりこれまでのような、派遣やアルバイトすら、もう必要がなく、その点からも多くの雇用が失われることになります。

以前、私は、次のようなことを問いかけたことがあります。
「もし、あなたがサラリーマンなら、今、職を失ったらどうやって収入を得ますか?」

この問いかけは、10年近く前から私は、何度も行ってきました。その時は、そんなことはありえないと思われたかもしれませんが、それが、いま、現実に起きてきます。

世の中の物事は、どんどん自動化されて、人間が直接手を下さなくても勝手に作業が進んでいきます。そして、多くに人の仕事が消滅しているのです。

新たな産業革命

最初はそれが事務作業から始まった

大手も中小企業も事務作業だけで何十人と雇ってるところが、未だに多くありますが、これは、パソコンのエクセルを誰か一人の人が設定したらあとは全部PCがやってくれるという事を知らずに、企業は毎月20万円ほど出してスタッフを雇っているわけです。

単純に、10人雇ってたら20万 ×10人=200万円の毎月の出費になるわけです。

エクセルがわかりやすい例なので出しましたが、世の中にはそういった物がたくさん転がってます。パソコンや機械が単純な繰り返し作業などを全部、人間の『何億倍』のスピードでこなします。人が1の仕事をやるとしたら、機械やPCは億の仕事をやることになります。これを人間にお金を払う必要があるのでしょうか?

決済
商品開発
顧客名簿整理
商品受注
価格差リサーチ

etc…

これらは、全部自動化されていきます。

ひずみで生きている私達

細かい例を挙げると何千とありますが、このPCや機械ができる共通する点は、

1:パターンが決まった作業を
2:繰り返し、繰り返し行う

という事です。

身近なとこで言えば銀行のATMとかも完全にパターン決まっている繰り返し作業なわけです。そして、スーパーのレジも同じです。これらは、もはや、全部自動化されてきています。

飲食店の仕事の場合、注文を受ける、調理する、配膳する、片付ける。大まかに分けるとこの4つですが、このなかで、自動化できないのは、調理部門だけであとは、全部自動化されてきます。

回転寿などは、もうすでにそうなってます。

こういう状況になってくると、人がどんどんいらなくなりますから、サラリーマンがクビを切られて当たり前の時代なんです。単純作業や繰り返し作業は、機械が全部行えると知った企業は、経費削減のため、次々とオートメーション化しています。だから、多くの人がクビです。

ここまで言うとさすがに気付くでしょう。今、私達が給料もらって飯食えてるのは、これに気付けてない企業の『ひずみ』で生活できているわけです。

自動化できるとこはとことん自動化して、どうしても人手が必要なところだけは、マクドナルドみたいにマニュアル化してその通りに動いてもらって時給800円。これが、今の企業の姿なのです。

だから今の時代に安定はありません。ある日、突然それは、起こるのです。

価値を創造し自分の手で0からお金を稼ぐこと

だから、私はあなたが、こういったことが現実になる前に、副業でもなんでもいいので、自分の足で立って、0からでも稼げるようになっておいて欲しい。そう訴えかけてきたのです。

サラリーマンだけでいて、会社に依存していると、自分や家族の命を会社に握られているのと同じなのです。
これは、非常に危ない状況なのです。だから、いつ会社をクビになっても大丈夫なように、複数の収入の流れを持っておいてください。

もちろん今スグ、会社を辞めなくてもいいのです。会社に勤めながらでも、副業で収入を作ることができます。重要なことは、会社に依存して頼り切ることは、止めないといけないのです。自分で価値を創り出して、それでお金を稼げるようになっておくことです。

騒然そのためには、必要な知識を身に付けなければなりません。その為に1~2年の時間がかかるかもしれません。しかし、今やらなければ、1年後も同じ状態で、リスクだけは益々大きくなってしまうのです。

お金の原理、幸福の原理

関連記事一覧

error: Content is protected !!