パソコンなんてダサ!今はスマホだけ!

勝ち組と負け組を分ける要因

これからの10年間で、驚くほどの格差が生まれてきます。これは、よく言われる富の格差とは少し違います。もちろん、富の格差は生まれてきますが、問題はその原因です。

パソコンを触らないと負け組になる

富の格差を生み出すもの、それは、実はパソコンのスキルの差なのです。

以前は、高年齢層がパソコンが苦手だという傾向がありました。しかし、今は、20代、30代もパソコンを触らない人が増えています。これは、スマホやタブレットの普及により、全部それで済ましてしまい、パソコンを触らない人が増えてきているのです。

パソコンを触らないということは、インターネットを使ったほとんどの経営的な利点を放棄することになります。

私のところにも、時々、
「パソコンは持ってないのですが、スマホだけで稼げませんか?」
こういった問い合わせがあります。

スマホや、タブレットでは、利用はできても、仕組みはなかなか作れません。

広告で誘導される側になるだけで、広告を出稿する側にはなれないのです。お金を使わされる側にはなれても、お金を稼ぐ側にはなれないのです。

どうも、パソコンなんか古い、今は、スマホやタブレットで全部できるのが、かっこいい。そんな勘違いをしている人が、とにかく増えてきているのです。

お金を稼ぐ勝ち組とお金を使う負け組の二極化

パソコンを使って、ネット上にお金を稼ぐ仕組みを作れるかどうかが、今後の貧富の差を決めていきます。

それは、つまり、

「ネットを利用して稼ぐ人」
「ネットでお金を使う人」

この二極化が進んでいるということなのです。

つまり、今、パソコンを触れる人達は、コンテンツを作ることができ、そこから集客して稼ぐという残存者利益が生まれてきます。

もちろん、ただパソコンを触れるだけでは意味がありません。少なくとも、ブログを作って集客出来たり、効果的にSNSを利用できたりといった、ことができるということが必要です。

言い換えれば、インターネットの中に、仕組みを作り上げることができる人なのか、それを利用するしかできない人なのか?これが、そのまま所得格差や富の格差につながっていきます。

そして、このインターネットの中に仕組みを作ることは、スマホやタブレットでは、不可能ではないですが、どうしても難しいのです。

特に、これからは、個人商店、小さな会社こそチャンスを得る時代になります。その理由は、インターネットを利用することで、小資本で集客し利益を上げることが簡単になったことが挙げられます。

ネット上に仕組みを作る

ネット上に仕組みを作れるかが勝ち組の要素

2013年以降、スマートホンが一気に普及しました。これは、携帯電話がスマートホンになったという単純なことではありません。多くの人がコンピューターを身につけて、持ち歩くようになったってことです。

これによって、高齢者もネットを、利用するようになっていきました。おそらく今後10年は、この形は変わらないでしょう。むしろ、コンピューターのウェアラブル化によってさらに進んでいきます。

それはつまり、インターネットでお金を使う人が、どんどんと増え続けているということになります。

そんな中で、ただ、インタ-ネットを利用するだけの人間なのか?それとも、そこに仕組みを作ることができるのか?この違いが、今後の格差の元になるのです。

負け組になる格差の原因に多くの人が気づいていない

特に小さな会社やお店の経営者は、パソコンのスキルを身に付け、インターネット上に仕組みを作り上げる必要があります。パソコンが苦手だからという言い訳は、もう通用しなくなっているのです。

飲食店のような店舗であっても、現在、ネットから集客できていないところは、どんどん困った状態になります。今までと同じ考え方でやっていたのでは、売上げがどんどん下がっていきます。

これからのビジネススタイルは、ネットを通じてお客さんとの人間関係を構築していくところにあります。

だから、まずパソコンを使って集客できるようになってください。技術的にはそれほど難しい事ではありません。むしろ、慣れの要素のほうが大きいのです。

それよりも、ネット上にどういった仕組みを作るのかがポイントです。
ぜひ、ここを学ぶようにしてください。

関連記事一覧

error: Content is protected !!