バカボンのパパはとっても凄いのだ

バカボンのパパはとっても凄いのだ

私の好きな本達

私が好きで読む本があります。
どんな本を読むかというと、「老子」「荘子」「孫子」

w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!

こんなんばっかり読んでます。

|||||/( ̄ロ ̄;)\|||||||

まじ~~?

そんななかでも、ドリアン助川さんの書いた
『バカボンのパパと読む「老子」』が お気に入りです。

子供の頃に読んだり、アニメで見た バカボンは、ただのアホ。
くだらないギャグ漫画に見えていました。

バカボンのパパは実はすごい

しかし、 しかし、 「バカボン」は漢字でかくと「婆伽梵」または「薄伽梵」と書きます。
意味は「煩悩を超越した徳のある人」 ということです。

((= ̄□ ̄=;))ナ、ナント!!

優れた貴い人に用いられます。

「バカボン」は梵語=サンスクリット語で、正しい発音は「バギャボン」
私たちの使う「バカ」は「馬鹿」と 普通は書きますが、これは当て字です。
「莫迦」ないしは「摩訶羅」と書きます。
梵語で「無知」という意味です。

ちなみにレレレのおじさんも、
釈迦の高弟・チューラパンタカ (周利槃特=しゅりはんどく)。
チューラパンタカは掃除で覚りを開きました。

仕事をしすぎないこと

さて、「老子」に話しを戻すとその一説に次のような文があります。

為学日益、為道日損、損之又損 以至於無為、無為而無不為

学問をすれば、日々学ばなければならないことが増えていき、道を修めれば日々行動が減っていく。
減らした上にさらに減っていくので、何も為さないところにさらに至る。
つまり、何かを、しようしようとすると、かえって、やるべきことが増えて忙しくなり、大事なことができなくなる。

私はよく、コンサルティングをさせていただいている小さな会社の経営者さんには「仕事を3つだけにしなさい」と、話すことがあります。

私の経営改善のコンサルティングを希望される方はこちらからどうぞ⇒「Skype経営コンサルティング」

これは自分にも言い聞かせるのですが、この文章を読んだことに起因します。

「ああ、仕事をしすぎている」
「仕事することで却って余分な仕事を増やしている」

じゃあ、仕事をしなければいいのだ。

そうだそれでいいのだ。
いやあ、バカボンのパパは 深い・・・

バカボンのパパはとっても凄いのだ

これでいいのだ

ちなみに、「谷川俊太郎エトセテラ リミックス」には
バカボンのパパとのコラボレーションで 次のような詩があります。

自分トフタリッキリデ暮ラスノダ
自分ノパンツハ自分デ洗ウノダ
自分ハ自分ヲ尊敬シテイルカラ
ソレクライナンデモナイノダ
自分ガニコニコスレバ 自分モ嬉シクナッテニコニコスルノダ
自分ガ怒ルト自分ハコワクナルノデ スグニ自分ト仲直リスルノダ
自分ハトッテモ傷ツキヤスイカラ
自分ハ自分ニ優シクスルノダ
自分ノ言ウコトサエキイテイレバ 自分ハ自分ヲ失ウコトハナイ
自分ハ自分ガ好キデ好キデタマラナイ
自分ノタメナラ生命モ惜シクナイ
ソレホド自分ハスバラシイノダ

これでいいのだ。
毎日がエブリデイなのだ

スモールビジネス大全

関連記事一覧

error: Content is protected !!