夢を絶対にあきらめない

夢を追いかけることを忘れないこと

夢を追いかけていますか

あなたは今、夢を追いかけていますか?

誰であっても、子供の頃、将来何になりたいか、どんな事を達成したいかについての夢が必ずあったはずです。
しかし、それが成長するにつけ、周囲の善意の人々から夢を忘れなさい、もっと「分別」を持ちなさいと言われるようになり、せっかくの夢をあきらめることを覚えてしまうのです。

夢を追いかけることは、決して悪い事ではないのに。

誰もが教育によって夢をあきらめることを覚える

現在の教育システムは、その大部分において、自立した思考をくじくような仕組みになっています。

学校では、全員が同じリズムで歩くように教えています。これは、決してそのような事を直接表現するわけではありませんが、私たちは、「決められた枠の中」で「ルールに従う」ように教えられるのです。

これは、小中高大学、もっと言えば幼稚園時代からです。
私達はトータルで、最低でも16~18年間、こういった教育を受けるのです。

もちろん、学校教育は決して無駄ではありませんが、ただ「自分のリズム」で歩くことを邪魔してしまっているということです。

成功者は枠からはみ出ている

成功者は枠からはみ出ている

しかし、どの分野においても、抜きん出た功績を残している人は、みな、枠の外に出るここによって、それを達成しているのです。

私たちは、自分の夢を、誰に何を言われたとしても、絶対にあきらめる必要はありません。夢見る人、ビジョンを描く人は、たとえ最初はその実現方法が解からなくても、成し遂げることができるのです。

最初から、どうやって達成するかということについて、心配する必要は、まったくありません。とにかく、自分が何を望むのかが判っていればいいのです。とりあえず、その夢に向けた一歩を踏み出しさえすれば、次の道が現れてくるものです。

子供の時、どんな夢を持っていたか、できるだけたくさん思い出して見てください。そして、他人の意見であきらめてしまった夢がどれだけあるかを数えてみてください。全てはあなたの持つ可能性だったのです。

関連記事一覧

error: Content is protected !!