人は夢があるから生きていける

社長は夢を見ること

夢を見よう

夢を見ることは生きることです。そして、夢を見るということは、未来への興奮と可能性を感じることです。

文豪のゲーテはこんな言葉を残しています。

「夢に見ることができるのなら始めなさい。
 人の夢には魔法の力があるのだから」(ゲーテ)

人は夢があるから、朝、ベッドから飛び起き、元気に一日を始めようという気になれるのです。
夢は人生の原動力であり、推進力であるのです。

そして、私たちの存在に意味があるのも、夢のおかげなのです。
夢があるかないかで、喜びと情熱に満ちた人生を生きるか、静かな絶望の人生を生きるかが決まるのです。

社長は夢を忘れてはいけない

あなたにも、夢があるはずです。もう忘れてしまったかもしれませんが思い出してみてください。

「夢を見るのは止めて現実的になれ」と言われて捨ててしまったのかもしれませんが、それでもあなたには夢があったはずです。

特に社長は、夢を見るのを止めてはいけません。なぜならその夢に惹かれて、多くの人が集まっているのですから。夢を見てそれを実現するのは、経営者としての義務なのです。だから、その夢を社員に伝え、一緒に実現してください。

それが会社というものです。
そして、夢が会社を繁栄に導いていくのです。

全ては夢から始まっている

全ては夢から始まっている

この社会の存在するものは、すべて誰かの夢から始まったのです。
とてつもない業績やとてつもない発明は、誰かがそれを夢見たところから始まっています。

そんなこと、どうせできっこないと考えてしまったら、それは無かったのです。ある普通の人の中に芽生えたちょっとした夢が、全ての発明、全ての技術革新、そして、全ての医学の進歩につながったのです。

文明の夜明け依頼、社会の進歩は全て誰かの夢によってもたらされてきたのです。
あなたにも、夢を実現する生まれながらの権利があります。

自分の夢を最大限に生き、夢を用いて本来生きるべき人生を作り上げる権利があるのです。
もし、あなたが、夢を見ることを忘れてしまっているとしたら、それはなぜなのか、考えてみてください。

あきらめずに夢を持ち続ければ、必ずそれが実現します。
世界中の全ては夢から始まっているのですから

関連記事一覧

error: Content is protected !!