膨れ上がった欲望は止められない

欲望に負けずに冷静に行動する方法

人間は、放っておくと欲望に振り回されてしまうものです。
どんなに頑張っても、膨れ上がった欲望を制御することなどできないのです。
しかし、ある行動を取ることによって、いつも陥りがちな思考パターンを中断し、欲望に振り回されなくすることは訓練すればできるようになっていきます。

膨れ上がってしまった欲望を抑制することは誰もできない

わかりやすい例として、ダイエットを取り上げて話をすると、食べてはいけないと思っても、つい食物を口に入れてしまうのは、たいてい、ある思考から始まり、それが次の思考につながっていくからです。

放っておくと、その思考はどんどん強くなり、そしてついに、ある食物や味がどうしても欲しくてたまらなくなります。その地点に到達する頃にはもう、食べたいっという気持ちが全てに勝ち、その食物を口にいれてしまっているのです。

しかし、その思考パターンを中断するような自分なりのテクニックを前もって確立しておけば、何気ない考えが我慢できない食欲になってしまうのを防ぐことができます。

最初の段階で思考を中断する

最初の段階で思考を中断する

例えば、大きなチョコレートケーキが食べたくなったとします。

この思考をそのままにしておくと、
「美味しいだろうな!」
「ああ、食べたい」というパターンを辿り、そして、口の中のチョコレートの味を想像し、最後には、どうしても我慢できなくなって結局、食べてしまいます。

ここまできて、食べないよう自分を説得するのは、ほとんど不可能となります。
人間は、そこまで強い意志を持っていません。

しかし前もって、この思考の連鎖を中断する自分なりのテクニックを用意しておけば、もっと簡単に食べたいという気持ちを消すことができるのです。

最初の思考が浮かんだ段階なら、人間は、まだ我慢できます。そこで深呼吸したり、コップ一杯の水を飲んだり、少し散歩に出たりする。すると、知らぬ間にケーキを食べたいという気持ちが、どこかへ行ってしまうものなのです。

これは、食欲に限りません。

決まった行動で思考を中断する

決まった行動で思考を中断する

人間の欲求は、たいていこの最初の思い浮かんだ段階で中断しさえすれば、さほどの努力もいらずに、行動を制御することができるのものです。

自分にとって、最初のよくない思考パターンを中断できる自分独自の行動を見つけてみてください。
それは何でもいいです。

ただ、考えるだけではなく、身体の行動で思考を中断させるのです。思考と全く別の行動をすることで、その欲望から、強引に引き離すのです。

そして、それを一つのパターンとして身に付けておくことです。

なるべく簡単な動作であればあるほど、いつでもできるようになります。
手を10回ぐるぐる回すでもいいし、50m歩くでも構いません。

輪ゴムを手首にはめておいて、それをはじくといった方法もあります。

とにかく、こういった行動で思考を中断するという独自のルーティンを作ってしまうのです。
そうすることで、欲望に振り回されることは、ほとんど、無くなります。

欲望に振り回されなければ冷静な判断ができる

欲望に振り回されなければ冷静な判断ができる

冷静な判断が、人生を成功に導きます。
これは、誰もが知っていることです。

しかし、知っているのにそれができない理由は、欲望に振り回されてしまって、冷静な判断ができなくなってしまうからです。

そして、欲望は膨れ上がってしまったらもう止まりませんから、膨れる前に、欲望を沈静化させることが必要なのです。

こうした欲望を沈静化させるためのルーティンをぜひ身につけておくことです。
そうすれば、人生の岐路に立った時に、判断を間違えることがすくなくなるのですから。

お金の原理幸福の原理

関連記事一覧

error: Content is protected !!