どん底に転がり落ちる人生

人生のどん底から一瞬で反転させる方法

人生のどん底に転落する

私たちの人生は、落ちる時には、坂を転がるように落ちていきます。これは、なかなか止められないのです。

気が付くと、アッという間に転がり始めてどん底まで落ちてしまいます。その上、ここがどん底だと思って、安心していると、そこからまだ下に落ちていきます。どん底の下に、まだどん底があるのです。

だから、なるべく注意深く進んで行く方がいいのですが、残念ながら、もし運悪く落ちてしまったら、這い上がるのには時間がかかると覚悟して、一歩一歩上を向いて歩き続けることです。

焦るとかえって深みにはまります。ゆっくりでも、歩み続ければ必ず這い上がることができるのです。

人生のどん底に落ち込んだ時

私は、事業で酷い失敗をして、人生のどん底に落ちたと感じたことがあります。しかし、これは、一瞬にして、落ちたわけではありません。そこに至るまでは何年もかかって落ちているのです。

気が付いた時には、もう何をしても転がり落ちることを止められない状況でした。振り返ってみれば、私の人生は、10年以上かけて少しずつ悪化していたのです。そして、それが表面化した時には、もう手の施しようがない状況になっていたのです。

私たちの人生というのは、知らないうちに少しずつ悪く成っていき、どん底まで落ちて初めてそのことに気づきます。ほとんどの人が、落ちる時には、こういった経過をたどることになります。

人生のどん底を見た人が成功する理由

人生のどん底を見た人が成功する理由

よく、人生のどん底まで落ちた人が、そこから這い上がって成功するという話をきくことがあります。

では、なぜどん底を経験すると成功できるのでしょうか?
それは、自分を変えることができるからです。

人間は、現状を変えたり環境を変えたりすることに驚くほど恐怖を覚えます。だから、なかなか行動に移すことができないのです。しかし、人生のどん底まで追い込まれたら、もうやるしかないのです。そうしないと死んじゃうから。

人間の底力はとんでもないものがあります。それが、人生のどん底に追い込まれてはじめて出せるものなのです。

だから、人生のどん底を経験して、這い上がってきた人は成功しやすいのです。今、人生のどん底にいる人は、大きなチャンスが目の前にあると思ってください。

人生のどん底からターニングポイントを作る方法

人生のどん底に落ちてしまった場合には、向きを変えて歩き出す必要があります。

誰でも変えると決意すれば、その瞬間から人生の方向を変えることができます。変化をするのは一瞬なのです。ターニングポイントという言葉がありますが、そのある一瞬で向きが変わるのです。

では、それをどのようにすれば向きをかえることができるかというと、一番簡単なのは、ノートに、自分の決意を書いてみることです。そして、次に日付を書いて署名をします。

内容は、問題を解決する方法と、自分がこれからなっていきたい姿を具体的に明確に書き出します。そして、書き終わったら、きちんと署名します。これだけで、確実に方向性が変わります。

決意が人生のどん底から反転させる

決意が人生のどん底から反転させる

誰であっても、どのような状況であっても、変化し、行動をすると決意すれば新しい人生へ一歩踏み出したことになります。

実際には、再生へ至るまでは、長い年月がかかるかもしれませんが、全ては、変えようと決意するところから始まるのです。もちろん、再生の道は長い時間がかかり、私の場合も、それは今でも続いています。

なぜなら人生の目的というのは、成長し続けることだからです。

全ての変化の前には、決意があります。変えると決意すれば、その瞬間から人生の方向を変えることができます。飲酒や食習慣、喫煙でさえ、それらの習慣を断ち切った人は、ある時点で変わろうと決意をしています。

変化は決意の瞬間に始まるものなのです。
もし、人生のどん底に落ちたと思ったら、まず変わることを決意してください。

そこから人生は反転していきます

関連記事一覧

error: Content is protected !!