結果が出る成功の法則

結果が出る成功の法則

何かの目的を立てて、それを達成するには一つの法則があります。これを「結果の法則」といいます。

結果の法則とは?

結果が出る法則とは、次の通りです。

結果=考え方×能力×熱量

この式が、結果を導く法則なのです。

ここからわかることは、成果を出すためには、「考え方」と「能力」と「熱」の3つが必要だということです。

しかも、これが掛け算で成り立つということです。どれか一つがゼロになっていれば、絶対に結果が出ないということでもあります。

それぞれについて、細かく説明していきますね。

考え方について

まず、最初の項である考え方とは、考える方向性です。

例えば、ポジティブとかネガティブといった全体的な事もあれば、求める成果によっては、より具体的なものになる場合もあります。

例えば、あなたの会社の売上を上げていこうとしたとします。このときに、どのような方向性でそれを実現しようとするかです。

例えば、低価格路線なのか?
それとも、高級路線なのか?
あるいは、市場シェアをどこに取るか?
地域No.1を目指すのか?
お客さんの頭の中のNo.1を目指すのか?

それによって、結果の方向が変わります。
会社全体の場合、これが経営の基盤、つまり、理念と呼ばれるものになったりします。

何を大事にしていくか、判断や考えの基準となるものは何か?
これが、どのような結果が出るのかを決めていくということになります。つまり、最初の考え方とは、どの方向に結果を導くかということを決めていく項目になります。

能力について

次の項は、能力です。能力とは、その目的とする成果を出すために必要な能力、つまりスキルやそれを身に付けることができるかどうかという能力です。

どのような素晴らしい考え方(理念)があっても、それを実現できる能力が無ければ、それは、現実になっていきません。

例えば、ネットを使って集客するのであれば、オウンドメディアを作り出す能力、広告を出稿する能力、さらには、ランディングページを作る能力、それ以外にもありますが、こういった実現する為の能力が必要です。

ここは、自分ができなければ、誰かに依頼することも可能ですが、それは、もちろん経費の増大につながります。

結果が出る成功の法則

熱量について

そして、最後は熱量です。
熱量とは、情熱の積です。

その目的とする成果を、絶対に出すという強い思いなのです。

この、熱量の項をさらに分解すると、情熱×時間×発信となります。

時間とは、思い続ける期間のことです。
発信とは、その思いを口に出したり、文章を書いたりと表現することです。
つまり、成果=考え方×能力×熱量(情熱×時間×発信)となります。

熱量とは、長期間思いを伝え続けるということなのです。

熱が一番大事

さて、これらの項目が掛け算になっているということは、もし現状で、能力が足りなかったとしても、他の項目で、それを補うことが可能となります。

最初の項目の考え方は、方向性をきめるものですが、次の能力が足りない場合には外注するか、熱量でそれを補うことが可能になります。

結局のところ、最も重要な部分は、熱量(情熱)だということです。

思いは、人を動かします。長期間思い続けて、発信を続ければ、人が動きます。だから、まず強い思いを持つことです。強い思いさえあれば、修正しながら結果に結びつけることが可能になるということです。

まず、初めに思い有りきなのです。

関連記事一覧

error: Content is protected !!