恐怖に負けないようイメージする

潜在意識が成功へと導く

潜在意識は理論を超える

潜在意識は現実とイメージを区別することができません。
ここでは、一つの例を挙げて説明しますね。

たとえば、長さ5m、幅45cmの板が地面に置いてあるとします。その板の上を歩いて、反対側にある1万円札を拾ってくれと言われたら、誰でも喜んで拾いに行くでしょう。そして、何の問題もなく、誰でもそれはできるはずです。

しかし、その板を今度は50階建てのビルの二つの屋上を橋渡しするように置いたとしたら、今度は、誰もその上を歩こうとはしなくなります。理論的に言えば、長さ5m、幅45cmの板は、全く同じ状況なのにも関わらず、誰も歩けなくなるのです。目の前にあるものは全く同じ板です。

では、変化したのは何かといいますと、そこに想像が介入したという点だけです。

「もし、落ちたらどうしよう。」

こういった想像が方程式の一方に、加えられてしまっているのです。

そうなると、人は恐怖に負けて行動できなくなります。足がすくんで一歩が踏み出せなくなります。

論理とイメージが争えば、イメージが勝利をおさめるのです。逆に、このイメージの持つ力を自分に有利になるように活用していくことです。

こらが、潜在意識が現実を凌駕する力を持っているということです。

潜在意識を動かすために欲しいものをイメージする

潜在意識を動かすイメージの力を使う為には、自分の欲しいものについて考える時間を毎日作るようにします。そして、なりたい自分の姿を、細部まで詳しく思い描くのです。

色、音、香りなど、とにかくできる限り細かい要素までイメージしていきます。

潜在意識は、現実と想像を区別することができません。自分は健康で豊かだと何度も自分に言い聞かせれば、潜在意識はそれを信用し、健康と豊かさをもたらしていきます。

このように、潜在意識があなたを成功へと導いていってくれるのです。だからこそ、欲しいものについて考える時間を、毎日持つように努力してください。

恐怖に負けて尻込みをして失敗する

誰もが恐怖に負けて尻込みをして失敗する

多くの人が、一歩を踏み出せないでいます。何かを変えなければいけないとわかってるのだけれど、一歩が出ないのです。一歩踏み出すことに、得体の知れない恐怖を感じて足がすくんでしまっているのです。

人間は、誰であっても新しい事に挑戦する時には、恐怖を覚えてしまうものなのです。

これは、人間の持っている本能的な部分ですから仕方がありません。一歩が踏み出せないからといって出来の悪い人間ではないのです。たとえ誰であっても新しい一歩を踏み出すのが怖いのが当たり前です。

全ての人間は、恐怖に負けてしまうのです

一歩を踏み出す為には潜在意識を使う

一歩を踏み出す為には潜在意識を使う

しかし、この一歩を踏み出せなければ現状を変えることもできないし、進化していくこともできません。
では、どうすればこの一歩が踏み出せるのでしょうか?

一番簡単な方法は、行動しいている自分を明確にイメージすることです。人間の行動は、最初にイメージしてからそのあとで行動します。

例えば、コップを持ち上げるという単純な行動さえも、まず、瞬間的にコップを持ち上げるイメージをして行動が始まります。人間が行うすべての行動は、最初にイメージしてから始まるのです。ですから、意識的に明確にイメージをするのです。

例えば、起業する場合も、自分が起業してその仕事をしている姿を明確にイメージします。お客さんが来て、商談をして、成約し、お金が儲かっている姿をイメージします。こうやって、明確にイメージをすることができたら、漠然とした不安は既になくなっています。

こうすることで、行動を起こすことは、驚くほど簡単になります。
まず、明確に、そして、詳細にイメージし潜在意識の力を活用することです。

お金の原理幸福の原理

関連記事一覧

error: Content is protected !!