時間はどんどん過ぎ去っていく

社長が優先すべき時間管理とタスク管理

社長の時間の無駄使いは売上に直接響く

あまりにも多くの社長が、貴重な時間を無駄遣いしてしまっています。

世の中にあるもののうち、時間だけが二度と取り戻すことができません。
誰もがそのことを、解っているはずなのに、嫌な仕事を避ける為に、どうでもいい仕事をさも大切な事であるかのように扱って、言い訳にしてやり続けたりするのです。

あなたは、拒否されたり、嫌な思いをしたりするリスクを避ける為に、仕事の準備にばかり時間をかけたりしたことはありませんか?。

しかし、それは、はっきり言って無駄な事なのです。
やるべきことを、まず優先してやらなければ、時間はどんどん過ぎ去っていくものだからです。

社長の時間は、全ての従業員よりも大きな価値があります。だからこそ、時間の無駄を少しでも減らさなければならないのです。

社長はまず計画し優先順位を決める

その為には、まず計画して、何をするかをリストアップし、優先順位をきめていきます。計画する時間がもったいないという人もいますが、こういった計画に1時間かければ、10時間節約することができます。

社長の時間が、会社の中において最も価値が高いものです。
それが節約できるということは、それだけ、会社の業績に大きく寄与することになるのです。

大きな成功を収めている人や、偉大な業績を上げた人は、例外なく時間管理をきちっと行っています。
行動の優先順位をきめ、時間を割り振り、その通りに実行するのです。

あなたが会社を繁盛させたいと思うのであれば、行動を起こす前に、まずきちんとした計画を立てるようにしてください。どうでもいい仕事や準備に、時間を浪費しないことです。その為には、時間管理やタスク管理といった技術が必要になります。

目標値が決まってくると、次に、何をどのタイミングで行うかという行動計画に段階が移っていくのです。

社長の時間管理とタスク管理

社長の時間管理とタスク管理

世の中で言われている時間管理には、じつは、2種類があります。一つは、日々のタスクを管理して時間効率を上げていく管理で、もう一つは、目標の数値を設定しそれを実現していくことで、目標に到達する管理です。

どちらがいいということではなくて、この両方が必要になります。

しかし、社長の時間は、最も価値の高い時間ですから、誰でもできることは、なるべく誰かにまさせるようにして、社長にしかできないことに、なるべく割り振ることです。

ここで重要になるのがタスク管理です。
タスク管理とは、日々の行動を一覧にして優先順位を決めて、やるべきことをきちっと実現していくことです。

これにはいろいろな方法がありますが、基本は、今日やるべきことを全て書き出し優先順位をつけて、終わったものにチェックをしていくという形です。

この時に、そのタスクは、自分が本当にやるべきなのかを、しっかりと判断する必要があります。
社長でなければできなこと以外は、全て他人に任せることです。

こういった計画と時間管理ができるかどうかで、それぞれの生産性が大きく違ってきます。一日の差は大きくはないかもしれませんが、それが1年・2年と積み重なったら大きな差となって現れてくることになるのです。

お金の原理幸福の原理

関連記事一覧

error: Content is protected !!