小さなお店でお金を稼ぐチャンスはゴロゴロ転がっている

今の日本では、生産年齢人口の減少で、労働力が減り求人が増えています。
では、景気がよくなって、給料が上がるかといえばそうはなりません。

世の中は実質賃金は下がり続けている

現実には、1997年から20年間、実質賃金は下がり続けています。
実質賃金とは、収入から物価の上昇分を差し引いた実質的な所得で、実際に使えるお金です。

つまり、実質所得が下がり続けているということは、現実には、どんどんと貧乏になっている状態なのです。

もちろんこれは、平均値であって、お金持ちになっている人もいます。
しかし、社会全体で見れば、日本全体が貧しくなっているのです。

そうなると物が売れませんから、個人経営や、小さなお店や小さな会社も厳しい状態が続いていきます。

時間の切り売りをする単純労働なのか?
それとも、あたらしい価値を創造するのか?

そして、今後、時間を切り売りする単純労働者と、価値を創造できる人との所得格差が広がります。

つまり、単純労働は外国人労働者でも出来てしまうということです。
コンビニで働いている人は、もはや日本人が珍しい状態です。

これは、企業内においても同様です。
自分で価値を作り出せる人は、会社にいても、自分で起業したとしても、はたまたフリーエージェントになっても大丈夫です。

しかし、そうでない人は、これからの10年はますます厳しくなります。

さて、あなたは、どうでしょうか?
時間を切り売りしていますか?
それとも、価値を創造していますか?

あなたは、どう生きていきたいのですか?

私が指導するコンサルティングでは、どうすれば、価値を創造できるかということも深く掘り下げています。

小さなお店や個人事業が、どうすれば強みを出すことができるか?
これも、結局同じことです。

独自の価値を創造し競争の無い市場を作り出すか。
結局は同じことなのです。

この鍵は、あなたの底にある、あなたの持っている価値観にあります。
それは、つまり、あなたの一度きりの人生をどう生きて生きたいかです。

仕事とは、お金を稼ぐだけではなく自己実現の場でもあります。
どうすれば、自己実現と仕事を結び付けられるか?

これが、コンサルティングでお話しする、いちばん根っこの部分です。

変化の時はチャンスがゴロゴロ転がっている

今は、時代が大きく変化している最中です。
こういうときには、じつはチャンスもゴロゴロ転がっています。

それを見つけることさえできれば、ビジネスチャンスは幾らでもあるのです。
ピンチな時は、チャンスなのです。

ただ気をつけてください。

思いつきで闇雲に行動しては失敗します。
思いつきで成功できる確率は、おそらく1割以下といえるでしょう。

そもそもお金を稼ぐ為には、うまくいく方法といかない方法があります。
それも、本人の努力とは関係なしに、どのような仕事をするかが、そのまま成否を分けることになります。

私のコンサルティングでは、こういった実践的な、商売繁盛のノウハウをお伝えしています。
ぜひこのピンチの時代をチャンスと捉えて掴んでください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

日々雑感

  1. 起業したいけどできない理由

    起業は必ずできる よく、起業をしたいけどなかなかできないという話を聞きます。 こういう人はおそら…
  2. あなたの起業の仕方は間違っている

    あなたの起業の仕方は間違っている

    起業の仕方でよくある質問 起業を志している人に、よく聞かれることは、 「どんな仕事がいいでしょ…
  3. 起業や副業で複数の収入を作り出す

    複数の収入の流れを作ろう お金持ちになる為には、まずビジネスを立ち上げます。 ある程度ビジネス…

人気記事Best10

井上 剛(ごう)

運命を開く言葉

  1. 他人がどう思うかではなく自分がどうしたいかである

    他人がどう思うかではなく自分がどうしたいかである

    他人の意見や、評価ばかり気にして 右往左往している人がとても多くいます。 そして、他人がこう…
  2. 新しい物を受け入れる前に古いものを捨てて場所を空けておく

    新しい物を受け入れる前に古いものを捨てて場所を空けておく

    両手いっぱいに荷物を持って さらに、もっと物を欲しがっても 手に持つことはできません。 …
  3. 自分が幸福になるためにはまず自分の周囲を幸福にすることである

    自分が幸福になるためにはまず自分の周囲を幸福にすることである

    そもそも、幸福とはなんでしょうか? お金をたくさん稼いだり、高級車に乗ったり 贅沢な暮らしを…
  4. 自分を売り込むことができなければ、才能があっても誰にも気づいてもらえない

    自分を売り込むことができなければ、才能があっても誰にも気づいてもらえない

    よく、自分はこんなに努力しているから あるいは、こんなに才能があるから きっと、いつか見…
  5. 仕事の順調に浮かれて安請け合いしない。好調に気を許して手を広げすぎない。

    人間は、好調な時ほど、 落とし穴に落ちやすくなります。 浮かれて何も 見えなくなってし…
  6. やる気が出ない時は、先にやる時間のほうを決めてしまう

    やる気が出ない時は、先にやる時間のほうを決めてしまう

    だれにでも、どうしてもやる気が 出ない時というのがあります。 しなければならないのに …
  7. 他人の成功を心から喜び自分も同じ波に乗ろう

    他人の成功を心から喜び自分も同じ波に乗ろう

    他人が成功するのを見ると 誰でも悔しさや嫉妬を感じてしまいます。 それは仕方がありません。 …
にほんブログ村 経営ブログへ

ページ上部へ戻る