小さな会社でお金を稼ぐチャンスはゴロゴロ転がっている

今の日本では、生産年齢人口の減少で、労働力が減り求人が増えています。
では、景気がよくなって、給料が上がるかといえばそうはなりません。

世の中は実質賃金は下がり続けている

現実には、1997年から20年間、実質賃金は下がり続けています。
実質賃金とは、収入から物価の上昇分を差し引いた実質的な所得で、実際に使えるお金です。

つまり、実質所得が下がり続けているということは、現実には、どんどんと貧乏になっている状態なのです。

もちろんこれは、平均値であって、お金持ちになっている人もいます。
しかし、社会全体で見れば、日本全体が貧しくなっているのです。

そうなると物が売れませんから、個人経営や、小さな会社や小さな会社も厳しい状態が続いていきます。

時間の切り売りをする単純労働なのか?
それとも、あたらしい価値を創造するのか?

そして、今後、時間を切り売りする単純労働者と、価値を創造できる人との所得格差が広がります。

つまり、単純労働は外国人労働者でも出来てしまうということです。
コンビニで働いている人は、もはや日本人が珍しい状態です。

これは、企業内においても同様です。
自分で価値を作り出せる人は、会社にいても、自分で起業したとしても、はたまたフリーエージェントになっても大丈夫です。

しかし、そうでない人は、これからの10年はますます厳しくなります。

さて、あなたは、どうでしょうか?
時間を切り売りしていますか?
それとも、価値を創造していますか?

あなたは、どう生きていきたいのですか?

私が指導するコンサルティングでは、どうすれば、価値を創造できるかということも深く掘り下げています。

小さな会社や個人事業が、どうすれば強みを出すことができるか?
これも、結局同じことです。

独自の価値を創造し競争の無い市場を作り出すか。
結局は同じことなのです。

この鍵は、あなたの底にある、あなたの持っている価値観にあります。
それは、つまり、あなたの一度きりの人生をどう生きて生きたいかです。

仕事とは、お金を稼ぐだけではなく自己実現の場でもあります。
どうすれば、自己実現と仕事を結び付けられるか?

これが、コンサルティングでお話しする、いちばん根っこの部分です。

変化の時はチャンスがゴロゴロ転がっている

今は、時代が大きく変化している最中です。
こういうときには、じつはチャンスもゴロゴロ転がっています。

それを見つけることさえできれば、ビジネスチャンスは幾らでもあるのです。
ピンチな時は、チャンスなのです。

ただ気をつけてください。

思いつきで闇雲に行動しては失敗します。
思いつきで成功できる確率は、おそらく1割以下といえるでしょう。

そもそもお金を稼ぐ為には、うまくいく方法といかない方法があります。
それも、本人の努力とは関係なしに、どのような仕事をするかが、そのまま成否を分けることになります。

私のコンサルティングでは、こういった実践的な、商売繁盛のノウハウをお伝えしています。
ぜひこのピンチの時代をチャンスと捉えて掴んでください。

 

関連記事一覧

error: Content is protected !!