時間が足りないのは仕事のやり方が間違っているから

時間が足りないのは仕事のやり方が間違っているから

人間は一つの事しか同時にできない

何か新しいことをはじめようとしても、やらなければいけないことが多すぎで、時間が足りなくなり、どうしていいかわからなくなることがあります。これは、先を見すぎて頭の中が混乱している状態です。もしかしたら、あなたも、このような経験があるかもしれません。

どんなに凄い人間でも、人間ができることは一度に一つしかありません。
「いや、俺マルチタスク人間だから同時にいくつもの仕事をこなしている・・・」
こう考える人もいるかもしれません。

しかし、どんなに同時にやっているように見えても、実際に行動できるのは、誰であっても一つだけです。同時に考えることができるのも一つだけです。実際に、同時にやっているように思えるのは、短い時間で切り替えているだけで、本当は、同時には絶対に出来ません。

ただ、そう思い込んでいるだけなのです。

同時にやろうとするから時間が足りなくなる

しかも、同時に何かをやろうとすると、かえって、時間がかかるようになります。同時にやろうと思っても、結局、切り替えてやっているだけですから、途中で切り変わることで少し戻って考えたり、作業を変えたりしなければいけません。その途中で、もしかしたら、何かを探さなければいけなかったりします。こういったことが、集中を壊し、大きく時間を浪費させているのです。

人間は未来のことを考えすぎて、かえって、目の前のことに集中できなくなります。しかし、人間は一度に一つのことしか出来ませんから、きちっとそれだけに集中したほうが、何事もうまくいくし、かえってスピードが早くなります

仕事のできない人の特徴はあれもこれもと手を出して、結局、全部とっちらかってしまうことです。一つのことをきっちりと完全に終えて次に行くと、かえって物事は早く進んでいくものです。

時間が足りないのは仕事のやり方が間違っているから

時間が足りないのは一つに集中していないから

時間が足りないと悩んでいる人は、たいていここに陥っています。

忙しいと焦る人のほとんどは
「あれもやらなきゃいけない」
「これもやらなきゃいけない」と
頭の中がぐるぐるしているだけで無駄に時間を浪費しています。

人間は、常にできることは、この瞬間に一つしかありません。だったら、まずその一つを片付けてしまうことです。こうすることで次にやることが自ずと見えてきます。しかも、びっくりするほど時間に余裕が生まれてきます。

時間が足りないと感じるのは、目の前のことをやらずに、あれこれ悩んでいるからなのです。あれこれ悩み、食い散らかすから、どれも中途半端な状態のままが続きます。結局、時間も足りなくなり、何もかもが上手くいかなくなるのです。

忙しいということは、先のことを妄想して、頭の中で忙しいと焦っているだけなのです。それでは却って生産性を落としてしまい、時間の浪費をしているに過ぎないのです。

まず、ひとつづつ片付けることを習慣化していってください。気が付けば、時間にも余裕が生まれているし、やらなければならないことも、順調に減っていきます。

関連記事一覧

error: Content is protected !!