自分の夢を生きていますか?

やりたいことを諦めていませんか

あなたは自分の人生を生きていますか

自分は、いったい誰の人生を生きているのだろうか?
あなたは、こんな疑問を持ったことはありませんか?

自分が今やっている仕事や生活は、本当に自分が望んだものなのでしょうか?
誰かほかの人(親や家族)などによって、規定されてしまっていませんか?

あなたは、そもそも、自分の夢を生きているのでしょう?
それとも、他人の人の夢を生きているのでしょうか?

一度よく考えてみて欲しいのです。

あなたの人生の中で、他人に決められた部分は、いったいどれくらいあるでしょう?
他の誰かの望みのせいで、嫌いな職業に付いてはいませんか?

誰かの期待に応えたいと思って、やりたくないことをやっていませんか?

やりたいことをあきらめていませんか

やりたくないことがあっても、それが、自分の「役割」だからとあきらめていないでしょうか?

父親、母親、娘、息子、友人、夫、妻として当然のことだと、それは、しょうがないことだと、無理に自分を納得させていませんか?

あなた自身は、いったいどこへ行ってしまったのでしょうか?
自分の意見など、本当にどうでもいいでしょうか?

自分の人生を生きることは、理にかなっているだけでなく、精神衛生上もとても大切な事だというのに。

もし、今、特に好きでもない職業についているのなら、自分にこう尋ねてみてください。
「私は、今、自分が生きたいと望んだ人生を歩んでいるだろうか?」と

そして、

「もし、もう一度、
 一から仕事を始めるとしたら
 どんな仕事を選ぶだろうか?」と

望んだ人生を歩んでいるだろうか

たとえ何歳であっても遅くはない

世の中には、引退してから、本当にやりたかった仕事を新しく始める人もいます。
あなたも、あきらめないで、好きな仕事を見つけてください。

私は、約10年前にそう考えて、今の仕事に変えることにしました。変えることを決意したのが48歳の時です。

自分の道を歩み始めるのに、年齢の制限はありません。いつからでも遅くはないのです。

もちろん、体力的なものは年齢とともに下がっていきます。しかし、その反面経験からくる知恵は、年齢と共に上がっていきます。だから、いくつであっても、結局は関係ないのです。

あきらめずに、自分の人生を自分の夢を、自分がやりたいことを見つけて、そこに進んでください。本当の成功とは、その先にあるものです。

お金の原理幸福の原理

関連記事一覧

error: Content is protected !!