インターネットをどう使うか

インターネットをどう使いどう使わないか

新型コロナによる影響で、店舗の休業や廃業を余儀なくされるところが増えてきています。
こうなると、誰もが考えるのが、インターネットを通じての販売となります。

しかし、闇雲にインターネットを使って売ろうとしても、そう簡単ではないのです。

ビジネスの中でどうネットを使うか

まず、ビジネスの基本とは、見込客を集め、ニーズに合わせた商品を作り、あなたの商品の価値を伝え、それをセールスする。これが、

あらゆるビジネスの基本の流れとなります。

では、この流れの中で、インターネットをどう使っていったらいいかというと、まずは、見込客を集めるところ、そして、価値を伝えるところ、さらに、セールスの場面で使うことになります。

「それって全部じゃん」

そんな声が聞こえてきそうですが、ここで勘違いしないで欲しいのが、ビジネスモデルによって、使う場所が違ってくるということです。

例えば、普通の飲食店では、インターネットを集客と価値を伝える部分にしか使えません。
そりゃあ、あたりまえです。最後は対面なのですから、当然そうなる訳です。

これを全てに使えば、インターネットで完結する通販ビジネスになります。

誰をターゲットにするかで変わる

さらに言えば、そもそも、見込客を集める為に全国に発信する意味はあるのか?
という事も挙げられます。これは、対象のお客さんがどんな人かで変わります。

旅館などの、全国から人が来るところと、ラーメン屋さんのように、近場だけからしかお客さんが来ない会社では、当然やることが違ってきます。

このように、インターネットを利用すると言っても、それぞれのビジネスによって、どのように使っていくかが変わります。

こういった、基礎的な事を理解しないでただホームページを作ればいい、SNSを使えばいい、という頓珍漢なことをやっている例が数多く見られるのです。

だからこそ、小さな会社の社長は、経営の勉強をして、何をどうしたらいいかを明確に理解しておくことです。

至極あたりまえのことではあるのですが、意外にここを理解せずに、ただインターネットが必要だからというブームに流されるかのように取り組む経営者が後を絶たないのです。

インターネットというツール

インターネットは、あくまでもツールです。それをどのように利用していくかは、社長が決めていくものなのです。

今の、ビジネスモデルの中で、インターネットをどのように利用するか?
もしくは、どのようにビジネスモデルを変えることで、インターネットの威力を最大化できるか?

こういったことを考えることが社長の仕事なのです。

ホームページをただ作れば儲かる。
SNSをやれば儲かる

そんなことは、絶対にありません。

それどころか、インターネットをビジネスに使おうと思ったら、想像以上の時間と労力を消費することになります。この時間と労力は、思った以上にあなたの生活を圧迫していきます。

安易に考えると、結局、途中であきらめて残骸だけが残る無残な状態になります。

大事な事は、インターネットをどう使うかであり、また、あえて一部に特化してそれ以外は使わないかという選択です。

ここをぜひ、勘違いしないようにしておいてください。

関連記事

  1. 売上方程式を経営の基準にする

    経営の基準を持っていますか

  2. あなたの会社は本当に必要とされてますか

    災害から再起する為に日頃からやっておくこと

  3. 大きく変わったお客さんの購買行動

    品揃えや価格では顧客は動かない

  4. 平等思考では繁盛できないし儲からない

    小さな会社は平等思考を捨てよ

  5. ビジネスを支配する大数の法則

    経営思考の基本にあるのは大数の法則

  6. 商売は大金を集めることが目的ではない

    小さな会社は大金を集めることを目的にしてはいけない

error: Content is protected !!