最初の利益を放棄するともっと儲かるようになる

再購入客が利益の7割をもたらす

なたがビジネスをやっていれば、利益を出すことが最終的な目的です。

そして、どのようなビジネスであれ、利益を出そうと思ったら、顧客が、再購入を繰り返すことで利益のかなりの部分を出すという事実を知っておくことが重要になります。

リピーターが利益をもたらす

実際、ほどんどのビジネスは、再購入客(リピーター)によって利益の7割以上がもたらされるものです。

例えば、チラシなどの広告費を使って、初めての顧客に物を買ってもらった場合、次回商品を購入してもらうために、チラシを打つ必要はありません。

ただ、手紙を書くかメールを出すかすれば、次回の購入につなげることができます。

最初に10万円かけて、3人の新規客さんに来てもらえたら、次は、手紙なら100円で、メールなら0円で来てもらうことができます。

つまり、初回費用と、次回の費用では雲泥の差があるということです。

そう考えると、毎月顧客が増えるなら、たとえ初回の購入で利益が出なくても将来的に考えれば、取引を繰り返すことで、多額の利益が出ることになります。

利益が出ないどころか、わずかに損しても顧客を獲得し、バックエンドで相当の利益をあげることで、最終的に多額の利益が得ることができます。

これは、小さな会社や個人事業者が、あまり活用できていない手法なのです。

最初の利益を放棄する

たいていの経営者は、顧客との関係をスタートさせることを自分で難してくしまっています。これは、資金が豊富ではないために、最初に利益がでないことに、大きな恐怖を感じてしまうからです。

つまり、自分の商品を使って目先の利益ばかり得ようとするためにかえって、顧客との関係をスタートすることができないのです。

顧客との関係をスタートする、つまり、初回の購入をしてもらう為に、邪魔なハードルを下げたり、取り除いて足り出来れば、もっと大勢の人があなたの顧客になるはずです。

その為に、初めて付き合う顧客には、最初の利益を放棄してでも、一番効果的な提案をどうやってしていくかが大事になります。

このことを理解しておくことができたら、たとえ、すぐには、利益が出なくても長期的な関係が続き、結果的には、大きな利益が上がることになります。

しかし、実際には、この最初の利益を放棄することが、小さな会社の社長ができずに、自ら苦労する道を歩んでしまうのです。

顧客の平均利益を見極める

この戦略を、実践するためには、1人の顧客が与えてくれる利益の大きさを見極め、理解しておく必要があります。

それも、あなたのビジネス全体の平均としてです。
ここでの、ポイントは、必ず平均値として算出しておくということです。

顧客一人一人のもたらしてくれる利益は、もちろん均一ではありません。

しかし、全体の平均としてしっかりと把握しておくことで、取引の数が増えるほどに、その数値に近づいていきます。

こうすることで、最初にその顧客を獲得するために、自分がどれだけの時間や労力といったコストをかけられるかが判断することができます。

この数値のことを、顧客生涯価値(LTV)といいます。

この顧客生涯価値(LTV)を把握しておくだけで、最初の顧客を獲得するためにどこまで費用をかけることができるかがみえてきます。

小さな会社や個人事業者が、この戦略を活用できていない理由は、ここが把握できていないからなのです。

関連記事

  1. 強み(USP)が無いから価格競争になる

    魅力的な強み(USP)が圧倒的な差を生む

  2. ファンを集め競争が無い状態を創り出す

    小さな会社は市場原理から独立すること

  3. 小さな会社は社長の人間性が武器になる

    小さな会社は小さいことを武器にする

  4. 戦略と戦術は車の両輪で単体ではない

    小さな会社は戦略にまず力を注ぐこと

  5. 無理な拡大をすると倒産リスクが高まる

    経営者はなぜ会社を拡大しようとしてしまうのか

  6. 顧客台帳の大きさが売上げに比例する

    顧客台帳を整備することが商売繁盛の第一歩

error: Content is protected !!