小さな会社が儲かる為の新経営戦略

今後10年の新しい経営戦略の中心とは

私は、基本的に中小企業、中でも小さな会社や個人事業者などの経営者に向けて、こうした文章を書いています。

もちろん、この文章を読んている人には、それ以外の人も多く含まれているとは思いますがますが、今は、サラリーマンの人も、いずれは、自分の足で立って起業して、商売を始めて欲しいと思っています。

ここでいう、会社というのは、あくまで象徴的な言い方で、実際に店舗や事務所を持つ必要はありません。今の時代は、むしろ実際の店舗や事務所を持たないほうが、良い場合も多くあります。

社長の生き方が戦略の中心になる

小さな会社や個人事業者としてあなたが商売をする時に、もっとも重要な事は、あなたの生き方をお客さんに伝えることです。これが、これからの経営戦略の中心になっていきます。

どういうことかといいますと、今は、商品の魅力だけではなかなか売れない時代になり、社長個人の魅力で、商品が売れていく時代なのです。

そうなると、ここから経営戦略を組み立てていく必要があります。つまり、どれだけ社長であるあなたのことを、お客さんに知ってもらえるかが、カギとなっているのです。

しかし、多くの経営者がこのことにまだ気が付いていません。だから、つい、マーケティングやセールスのスキルやテクニックだけに拘わってしまうのです。もちろん、そういった知識を勉強することは、素晴らしい事です。しかし、もはや世の中の前提が変わってしまった。

あらゆるところで、ブティック化の波が起こってきています。
ブティック化とは、小型の専門店化ということです。

この時の、お客さんの購買動機は、どのような商品を買うかということよりも、だれから、どのような商品を買うかにシフトしていきます。

社長の人間的魅力が売れる鍵

だから、これらかの商売で大事なことは、社長の人間的魅力なのです。

ぜひ、この人間的魅力に焦点をあてて、勉強していってください。
そして、ここを経営戦略の中心に据えてください。

そして、この人間的魅力をウリにするために、必要な事は、コンテンツマーケティングとなります。コンテンツマーケティングとは、独自のコンテンツを発信して、見込み客を集め、そこにあなたの魅力を伝えていくことです。

独自コンテンツとは、どういうものかというと、これは、ただの情報や知識ではありません。情報や知識をあなたの体験を基にして、再構築したものを独自コンテンツと呼びます。

つまり、あなたのこれまでの経験や体験を基にして、情報発信をすることで、見込み客を集め、共感してもらい、そして、あなたから商品やサービスを買ってもらう。

これが、これが、これからの10年、あなたの商売を繁盛の為の経営戦略であり、最も重要なポイントとなります。ぜひ、ここを意識するようにしてください。

関連記事

  1. 商売とは人の心の美しさをだしつくす業

    小さな会社の戦略における基本理念とは

  2. ファンを集め競争が無い状態を創り出す

    小さな会社は市場原理から独立すること

  3. ビジネスには基本となる3つの法則が有る

    ビジネスの法則

  4. あなたの人間性が独自の強みを創る

    独自の強み(USP)を持つ

  5. 強み(USP)は伝えるから効果がある

    強み(USP)を見込客にどう伝えるか

  6. 失敗する理由は拡大思考にある

    儲かる小さな会社を目指そう

error: Content is protected !!