お客さんの入り口は多いほうがいい

中小企業でも全国から集客できる

今の時代に、小さな会社が適している理由のひとつは、集客がしやすいからです。これは、インターネットの普及に伴い、日本全国にいる潜在的な見込客に向けての集客が安価でできるようになったことが挙げられます。

小さなほうが有利な時代

これまでは、全国に向けての集客となると全国紙に広告を出すか、TVなどの全国向け媒体に広告を出す他ありませんでした。

全国紙やTVにCMを出すとなると数百万円の資金が必要になります。当然そんなお金は、小さな会社やお店には、到底ありませんでした。

しかし、それが今では、無料もしくは、かなりの安価で広告を出すことができるようになっています。つまり、これによって、小さな会社でも大手企業並みに全国からの集客ができることを意味します。

それどころか、むしろ、ニッチ市場に特価した戦略で、より効果的な集客を実現することが可能になります。

ですから現代は、小さな会社には、とても大きなチャンスがあるとい言ってもいいのです。

ネット集客が小さな会社を繁盛させる

小さな会社は、ネットを使った集客方法を身につけておくことで、この有利な集客を利用することができます。

ネットを使った集客には、現実にはいくつかの方法がありますが、少なくとも一つは得意な方法を身につけておいてください。

そもそも、小さな会社の経営者は、集客を甘く見ているフシがあります。

もちろん、必要性は判っているのでしょうが、どれほど、集客が大事なのかについては
腑に落ちていない気がします。

小さな会社が陥るパターンは、商品がいいから売れるだろうという間違った考え方です。

そもそも、商品の優劣などは、買って使ってみなければわかりません。
だから、商品が売れるかどうかは、商品の良し悪しとは、関係ないのです。

良い商品を作ることよりもどう集客するか

それよりも重要なのは、どのように集客して売るかということです。

小さな会社にとって、最も重要なことは、どうやって集客するかが、まず、先にあるべきなんです。

それを最初に商品ありきで考える為うまくいかないのです。

そうではなくて、まず誰をどのように集客するかがあって、それから商品が生まれたほうが、ビジネスは軌道に乗りやすいのです。

一部の才能がある人たちは、商品からビジネスを組み立ているように見えて、実は、商品と集客を同時に計画をしています。

しかし、普通の人はこれができません。
だから、失敗する人が後を立たないのです。

まず、誰をどうやって集客するかというところから始めてください。

お客さんの入り口は多いほうがいい

小さな会社の集客には、大きく二通りあります。
一つは、リアルでの集客もう一つはネットを利用した集客です。

どちらが優れているわけではなくどちらにも利点と欠点があります。

では、どちらを利用するかと言いますと両方同時になります。
お客さんの入口は多いほうが当然いいわけです。

しかし、この両方を効率よくやれているところは、そんなに多くはありません。
もちろん、商品やサービスの特性によってどちらを重視しべきかは変わります。

しかし、両方を効果的に使って集客していくことで、業績は大きく改善していくものなのです。

関連記事一覧

error: Content is protected !!