ファン客や得意客の集め方

ファン客や得意客の集め方

『儲かる為の集客の優先度とは』の記事で、既存客の重要性について詳しく説明してきました。
その中でも、特に、ファン客・得意客が重要になります。

ここまではいいですよね。

そうなると、このファン客・得意客さんをどうやって増やしていくかということになります。

ファン客や得意客を集客する方法

この、ファン客・得意客を、いきなりどこからか集客することはできません。ファン客・得意客さんは、どこかに落ちていることはないのです。ファン客・得意客さんを増やそうと思ったら、育てるしかないのです。

では、誰を育てればいいのかというと、あなたの会社やお店には、全体の60%近い「1回きりのお客さん」がいるはずです。この「1回きりのお客さん」が、もし、2回以上利用してくれたら、それどころか、この「1回きりのお客さん」のたった10%でも、ファン客・得意客さんに変えていけたら、あなたの会社やお店の売上はそれだけで上がっていくはずです。

つまり、浮遊客・お試し客さんに、繰り返し利用してもらうことこそが、ファン客・得意客さんを増やす方法なのです。

しかし、多くのお店や会社の経営者が、新規客を欲しがります。そして、フリーペーパーや割引チラシなど、全てにおいて、割引で新規客を集めようとしてしまうのです。もちろん、割引を使えば新規客は集客しやすくなります。

しかし、問題は、そのお客さんがその後も繰り返し利用してくれているかです。

割引で集客してもファン客にはならない

割引で集客してもファン客にはならない

実は、割引で集客したお客さんは、著しくリピート率が低くなる傾向にあります。せっかくお金を掛けて集客したのに、その場の瞬間的な売上向上にしかつながらないのです。

「1回きりのお客さん」を多く集めても、あまり意味がありません。大事なことは、そのお客さんに、いかに繰り返し利用してもらえるかなのです。

その為には、新規客の「固定客化」が必要になります。あなたの会社やお店を選んでくれた新規客さんに、いかに繰り返し利用していただけるか?

ここに焦点を当てていかなければならないのです。

フリーぺ―パーの割引で集めたお客さんは、次回も割引が無いと利用しません。これは、多くの経営者からよく出る言葉です。

続けられる限り割引を行うならそれもいいのですが、それでは、結果的に割引ではなく定価なのです。
毎回表面的な割引でお客さんを維持し続け、それをお客さんがいつまで得をしたと感じるでしょうか?

あなたが利益を削って割引をし続けたとしても、結果的には、お客さんは、さらに安いところを求めて離れていく事になります。

これは、仕方がない事です。

なぜなら、最初に安さだけを打ち出し、価格だけに興味を持っているお客さんを集めたのですから、当然の結果なのです。

あなたの会社やお店の価値観を伝える

あなたの会社やお店の価値観を伝える

じゃあ、どのようにして集客したら固定客化しやすいお客さんを集めることができるのでしょうか?
それは、あなたの会社やお店の価値観を伝えることで、共感するお客さんを集めることです。

あなたのお店や価値観に共感するお客さんは、価格に共感したのではないので、割引をしなくても、あなたのお店や会社のファンになりやすいのです。こういうお客さんは、あなたのお店や会社を見つけさえすれば、固定客になりやすいのです。

しかし、肝心のお店や会社が、それを発信していないのです。あなたのお店や会社を必要としていお客さんがあなたを探し求めているにも関わらずです。

だから、まずあなたがしなければいけない事は、あらゆる場所で、あなたのお店や会社の価値観を伝えることなのです。その為には、伝えるべき価値観が明確でわかりやすいものである必要があります。

だから、最初に価値観の構築が必要になるのです。

関連記事一覧

error: Content is protected !!