全身全霊で経営に取り組んでいますか?

経営が上手くいく人とそうでない人

経営が上手くいく人と、そうでない人との決定的な違いは、上手くいく人は、自分の夢やゴールを目指して、真剣に取り組んでいる点です。

経営が上手くいく人は、ちょっとつまずいたからと言って、直ぐにあきらめるようなことはしません。それは、怠けたり、先延ばしにしない、怠け心よりも強い、取り組む姿勢を身に付けているからです。少しぐらいの失敗には動ぜずに、何度でも取り組むことができるから、成功することができるのです。

逆に上手くいかない人の場合には、ちょっと躓くと、そこであきらめてしまうのです。
このちょっとした差が経営が上手くいくかどうかを決めています。

誰もが途中で挫折した経験を持っている

私は、期待に胸を膨らませて、ビジネスを始めたのに最初のハードルであきらめてしまった人を、これまでに何人も知っています。もしかしたら、あなたにもそういうことがあったかもしれません。私もそうことがありました。

偉そうなことを書いてはいますが、新しいビジネスを始めて最初のハードルであきらめてしまったことが何回かあります。その結果得た教訓というのが、ビジネスを成功させるためには、全身全霊で、そのビジネスに取り組む必要があるということです。

他に何があろうと、最後までやり通す強い決心と取り組む姿勢が必要なのです。これは、経営に限ったことではありません。あなたの夢やゴールが何であれ、それが実現するかどうかは、どれだけ真剣に取り組めるかにかかっているのです。

成功とはあきらめなかったということ

あなたには、あきらめずに努力を続ける意思があるでしょうか?

自分のビジネスを持っているなら、または、これから始めようとしているなら、拒否されたり、後退したり、失敗しても、それでもあきらめずに夢を追い求める強い覚悟はあるでしょうか?


たとえどんなに不利な状況だと思われても、自分の存在を賭けて取り組み、あきらめないことができるでしょうか?
他の全ての要素が同じであるなら、取り組む気持ちが最も強い人だけが成功し、他の全ての人は失敗してしまうものです。

売上は社長の取り組む姿勢に比例する

特に小さなお店や小さな会社の社長の仕事に対する気持ちや取り組む姿勢は、売上や利益に大きく作用します。何かが思った通りに運ばない時に、あなたの取り組む姿勢が試されるのです。

真剣に取り組んでいれば、何が起こっても乗り越えることができます。お店や会社の売上などの業績に、最も大きな影響を与えているのが社長の気持ちや取り組む姿勢なのです。

小さなお店や小さな会社の社長にとって最も大切なことは、私は、覚悟だと思っています。

覚悟というのは、その仕事に対して全身全霊を投じるということです。これができていないと、どんなお店や会社であっても、繁盛することはありません。いい加減な気持ちでいたら、お客様はそれを見抜くのです。

あなたが社長である以上、全身全霊で取り組まなくてはなりません。これを絶対に忘れないようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

日々雑感

  1. 起業したいけどできない理由

    起業は必ずできる よく、起業をしたいけどなかなかできないという話を聞きます。 こういう人はおそら…
  2. 成功するためにチャレンジして失敗しよう

    私が、こういった文章を、ほぼ毎日書いてお届けしている理由は、自分らしいの人生を生きてほしい。 自…
  3. 誰かと組んで起業はしないほうがいい

    起業は独りでするもの 起業をする際によくやる間違いは、誰かと組んで起業するということです。 こ…

人気記事Best10

井上 剛(ごう)

運命を開く言葉

  1. 成功する人にはその成功を心から喜んでくれる人がいる

    成功する人にはその成功を心から喜んでくれる人がいる

    人間は、ひとりでは成功できません。 成功する人には、 その成功を支えてくれる 人がいる…
  2. 憎しみや怒りの感情が健康を奪うのである

    憎しみや怒りの感情が健康を奪うのである

    お釈迦様は、 どのような理不尽な目にあっても 怒ってはいけないと説いています。 憎しみ…
  3. 幸運の女神は才能よりも熱意のある人を好む

    幸運の女神は才能よりも熱意のある人を好む

    幸運を引きよせるのは、 才能よりも熱意です。 熱意とは、どれだけ、その人が 一生懸命に…
  4. 間違いや失敗を受け入れられる人は成長できる

    間違いや失敗を受け入れられる人は成長できる

    間違いや失敗の無い 人生などありえません。 生きていれば、かならず そういうことが起こ…
  5. 何処かにあるチャンスに囚われず、身近にこそあるチャンスを捉える

    何処かにあるチャンスに囚われず、身近にこそあるチャンスを捉える

    人は、どこか遠い特別なところに チャンスがあると つい勘違いをしがちです。 そうではな…
  6. 自分が思っているほど他人は見ていないし気にしていない

    自分が思っているほど他人は見ていないし気にしていない

    誰もが、他人にどう思われているかを 気にして生きています。 でも、自分が思うほど、他人は …
  7. どうなるかと心配しながら待つから不安を招く

    どうなるかと心配しながら待つから不安を招く

    人間は未来に対して 不安と希望を持ちます。 将来がどうなるか? 何かの結果はどうなるの…
にほんブログ村 経営ブログへ

ページ上部へ戻る