業績が悪いのは景気のせいではなく経営者の責任

業績が悪いのは景気のせいではなく経営者の責任

日本の景気が悪い理由

景気というのは、人の気持ちで大きく左右されます。
基本的には人が消費を控えるから景気が下がります。
なぜ、消費をしないかというと、将来が不安だからです。

しかし、いま、日本には、お金があふれています。
個人資産は相変わらず高いままです。

だから、ちゃんと使う気にさえなれば消費する力は残っています。
消費さえ増えれば、景気は上がっていくのです。

消費を増やすということは、言い換えれば物を売るということです。
つまり、経営者が頑張って物を売れば、消費が上がることにつながります。

業績の悪化を景気のせいにしてはいけない

日本全体なんて大きなところまで広がらなくても、少なくとも、あなたのお客さんが消費を始めれば会社の景気は上がります。

世の中の景気のせいにすれば、気が楽なんですが、結局、あなたの会社が、不振だとするならば、それは、社長であるあなたの責任なんです。

そもそも、小さな会社や個人自称の経営を考える上で、日本全体の景気で振り回されなくてもいいんです。
お客さんに、あなたの会社の商品を買ってもらえないのは、やっぱりあなたの責任なんです。

いい商品であれば、勝手に売れていくなんてのは、かなり激しい「妄想」です。

経営者のやるべきことは一生懸命売ること

いい商品であればあるほど、しっかり売らなきゃいけません。
しっかり売らなきゃ、会社の売上なんて結局は上がっていかないんです。

日本は、不景気が長く続いたせいか、経営者は、業績が伸びないのを、どうしても景気のせいにしがちです。

銀行への言い訳にはもってこいなんですね。
返済を繰り延べしてもらって 「景気が悪いからどうにもなりません」 なんて、言い訳できるから、とても便利なのです。

でも、それは、やっぱりおかしいのです。
会社の売上が上がらないのは、やっぱり経営者の責任なんです。

決して、ここから逃げないで欲しいのです。

経営者が頑張れば必ず良くなる

経営者が頑張れば、会社は必ずよく成ります。
働く従業員の生活もよくなります。
商品を買ったお客さんもよくなります。

こういった中心にいるのが経営者だと自覚してください。
そして、真剣に売っていきましょう。
そうすれば、全体がもっとよくなりますから

確かに、経済を知ることは大事です。
しかし、もっと大事なことは、その状況の中で、どう考え、どのような努力をするかということです。
ここを絶対に忘れないでください。

関連記事一覧

error: Content is protected !!