小さな会社の経営者に最も必要な資質とは?

小さな会社の社長に必要なスキルとは何でしょうか?

そもそも、小さな会社は、お金が無くて、人もいません。これが通常です。
まあ、小さいのだから当たりまえです。

小さな会社の経営者はまず勉強熱心であること

そうなると、経営者は何をすべきかというと、全部やらなきゃなんないんです。
そもそも、従業員いないし、外注しようにも金が無い・・・
それが現実です。

だから小さな会社の経営者は全てやらなきゃいけない。
計画もマーケティングも、セールスも経理も・・・
ぜーんぶ

これら全てを一人でやるのが小さな会社の経営者の仕事です。
まず、これを自覚してください。

もちろん、これら全てが最初からできる人はいません。
安心してください。

しかし、足りないところは、常に勉強していかなければ会社が潰れます。

だから、経営者はまず勉強熱心であること。
これが絶対に必要になります。

だから、常に勉強をしてください。
勉強熱心であることがが、小さな会社の経営者に必要な資質です。

小さな会社の強みとは?

では、小さな会社や個人事業の強みは何かというと、経営者がお客さんの一番近くにいることです。

経営者が自ら営業をして売るのですから、当たり前です。
しかし、この当たり前なことが、強みになることを自覚できていません。

そもそもお客さんが、なぜ、あなたの商品を買うのかといいますと、あなたを信用して買うということです。
つまり、「あなた」から買いたくて、お客さんは買うのです。

他の誰かではありません。
ここを忘れないことです。

それなのに、つい営業を雇って自分で売ることをやめようとする。
小さな会社の経営者が陥る最初の罠です。

これでは、売れなくなるのも当然。

「あなた」以外の人から買うなら 大きな会社のブランドがあるところから買います。

よく、小さな会社の経営者から強みが判らないと質問をうけるのですが、小さな会社の強みとは経営者自身のことです。
あなたの人間性そのものです。

あなたをちゃんと売っていますか?

あなたは、あなた自身のことを、どれだけお客さんに伝えていますか?
また、伝える仕組みを持ってますか?

ここができていないと、小さな会社では勝負にならないのです。
逆にここができていれば どんな相手にだって勝てます。

「あなた」のファンになってくれていれば、他に「あなた」は存在しないのですから。

そして、この、あなた自身を売りにするのが「絆マーケティング」ということです。
だから、それが最強になるのです。

関連記事一覧

error: Content is protected !!