経営者は仏神をたのまず

スピリチュアルの力

「思考は物質化する」
このような言葉を、あなたも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

では、この言葉は何を意味しているのでしょう?

それは、「強く考える」か、あるいは、「くり返し考えられたこと」は現実となるということです。
日本では、これを昔から念とよんでいました。

念には力があり、それはまた「念力」とも呼ばれます。
つまり、念力とは、「思ったことは現実にとなる力がある」という意味なのです。

この「念」というのは、単なる思考で作られるものではありません。
思考+感情=念
ということなのです。

ここでいう感情とは、気分あるいは心持ちのことで、つまり、どう感じているかということです。
つまり、思考と感情が合わさることで「念」となり、現実化していく力を持つということなのです。

ですから思考だけでは、現実化することはなく、ただ、流れていってしまうものなのです。
ほとんどの人が思ったことがかなわないのは、ここに原因があります。

願えば本当に叶うのか?

さて、それでは、本当に願えば叶うのでしょうか?

よく、お金持ちになりたかったら、お金持ちになることを願いなさいという話を聞きますよね。
あなたも、そのような話を一度は耳にしたことがあるかと思います。

では、果たしてそれは本当でしょうか?
はっきり言ってしまうと、それはかないません。

なぜかといいますと、ほぼ、世界の人口のほとんどの人が願っているはずなのに、かなっていないからです。
これは、確実な証拠です。

確かに、お金持ちになりたいという最初の意思は大事です。
しかし、よく考えてみてください。

電車に遅れそうだからと、座って必死になって願っても間に合わないです。
それよりも、走れ!ってことです。

お金だって天から降ってくるわけではありませんから、待っていたって、遺産相続で大金が転がり込んでくるなんて普通はありません。

当たり前のことなんです。

スピリチュアルに頼る前に行動すること

しかし、なぜか、多くの人はこういう僥倖を信じて待っています。
ありえない話です。

普通に考えればいいだけです。

お金をもっと稼ぎたいと思ったら、稼げるようなことをすればいいだけです。
時給の高いところに転職するか?
自分で商売をはじめるか?

それだけのことなんですね。
実はすごく単純なことなんです。

それを難しく考えるから、ありえないものに頼ろうとするのです。

そうではなくて、ただ普通にものを考えて普通に行動すればいいだけなのです。
そこには、スピリチュアル的なことななにもありません。

経営者は現実に生きるべきである

経営者の方にも、よくスピリチュアルにハマる人がいます。

しかしこれはあまり良いことではありません。
なぜなら経営とはどこまで行っても数字の世界だからです。

もちろんそういった力が存在するということは、誰も否定できません。
しかし、その力を盲信しすぎて目の前にある現実に向かうことを、忘れてしまうというのが最もよくないことなのです。

だから経営者の方が、もちろんそういうスピリチュアル的なもの、宗教的なもの、こういったものを信じるのは構いませんが、それに振り回されるようなことはなるべく避けた方が良いのです。

そもそも、こういったスピリチュアル的なものは、目の前の現実の世界で、やるべきことを全てやり終わった後で初めて頼るべきものなのです。

宮本武蔵が、「独行道」に次のように書いています。

「仏神は尊し仏神をたのまず」

スピリチュアル的な者や、神仏の力を借りるということは、最後の最後、ほんとにほかにやるべきことが全てなくなったその時に初めて頼るべきものなのです。

関連記事一覧

error: Content is protected !!