小さなお店ほど細分化された市場を意識すること

数年前からかなり世の中が変化しました。
これは、世界情勢などではなくて、普通の人の消費動向が大きく変化しているのです。

これまでと同じことをしていたのでは売れない

小さなお店はこれまでと同じようなマーケティングでは、ほどんど成果が出なくなっています。

あなたのお店の売上はどうですか?
ちゃんと売上が上がっていますか?

これからは、一言で言えば、よりニッチなマーケティングが必要になってきています。
これは、どういう事かというと、たとえば、ある一つの専門的なテーマで情報発信を行って見込み客を集めたとしても、それだけでは、売れなくなっています。
その見込み客を、さらに細分化して絞り込みを行い、ニーズにマッチさせる必要性があるのです。

ここらあたりの話を、ブティック化という表現で、これまで説明してきました。
いよいよ、それが現実になってきています。

ますます、お客さんとの一対一の関係が重要になるのが、今後の流れとなります。
一対一の関係を重要視するということは、より、親密なコミュニケーションを構築していくことが必要です。

1対1を1対多に変換する

しかし、1対1と言っても、それだけでは、経営になりません。
それをやっていると、経営者の時間がいくらあっても足りなくなってしまいます。

ポイントは、1対1のように、1対多を作ることです。
その為には、コミュニケーションの方法を考えて、仕組みとして取り入れて運用していく必要があります。
特に、この仕組み化が重要です。
幸いなことに、今、私がコンサルをさせていただいているところは、早めに、この対応をしているので、全て、業績が上向いてきています。

これからは、ここができているかどうかがお店や会社が繁盛する、あるいは事業で成功する為の重要なポイントとなるのです。
これまで以上に個にフォーカスした、そんなマーケティングが必要な時代になったのです。

小さなお店の戦略を使って経営者の顔で商売する

1対多といっても、基本はあくまでも1対1です。
それを、1対多に展開するためには、インターネットの技術を駆使する必要があります。
その時に重要なのは、あなたの経営者としての信念・理念なのです。
これからの時代は、この信念・理念に共感した人たちが、あなたの元に引き付けられ、お客さんになっていきます。

これが、これからの基本と考えてください。

小手先の商売では、通用しなくなってきています。
経営者の人間性こそが、最大の武器になる時代なのです。

あなたのお店や会社は大丈夫ですか?
あなたは、ちゃんと出来ていますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

日々雑感

  1. 中途半端な人の助言は聞かないこと

    夢を壊す人達の助言は無視しよう

    助言の落とし穴 私たちが自分でビジネスを始めたり、運営したりしていると、家族や友人から 「リス…
  2. 誰かと組んで起業はしないほうがいい

    起業は独りでするもの 起業をする際によくやる間違いは、誰かと組んで起業するということです。 こ…
  3. 起業で失敗しない4つのポイント

    起業で失敗しない4つのポイント

    起業は決して難しく有りません。 たった4つのポイントに注意するだけで誰でも起業することができます…

人気記事Best10

井上 剛(ごう)

運命を開く言葉

  1. 過ぎ去ってしまったことは気にしない。つまらぬ取り越し苦労はしない

    過ぎ去ってしまったことは気にしない。つまらぬ取り越し苦労はしない

    人間の悩みのほとんどは、 過去の後悔や 未来の取り越し苦労が 大きな原因です。 …
  2. まだ来ぬ未来に不安をいだくことは、現在の幸福までも台無しにする

    まだ来ぬ未来に不安をいだくことは、現在の幸福までも台無しにする

    未来を不安に思うことは 誰でも同じようにあります。 しかし、その不安を 大きく感じ過ぎ…
  3. 間違いや失敗を受け入れられる人は成長できる

    間違いや失敗を受け入れられる人は成長できる

    間違いや失敗の無い 人生などありえません。 生きていれば、かならず そういうことが起こ…
  4. 何かに躓くのは考え方を変える暗示である

    何かに躓くのは考え方を変える暗示である

    物事がうまくいかない 問題が起こる こういったときには、 最初に自分の考え方が …
  5. 近道がじつはいちばん危ない道になる

    近道が実はいちばん危ない道になる

    何かを達成しようとした時や 困難に見舞われた時などに 解決のため、人は、どうしても …
  6. 自分を売り込むことができなければ、才能があっても誰にも気づいてもらえない

    自分を売り込むことができなければ、才能があっても誰にも気づいてもらえない

    よく、自分はこんなに努力しているから あるいは、こんなに才能があるから きっと、いつか見…
  7. 失敗の原因を他者にあると思う人は成功できない

    失敗の原因は、それがなんであれ 全て自分にその責任があります。 しかし、誰もがこれを 認めた…
にほんブログ村 経営ブログへ

ページ上部へ戻る