それは本当に社長の仕事ですか?

小さな会社の経営者がするべき仕事とは?

小さな会社のスモールメリットとは?

小さな会社の最大の特徴は、やはり、小さいということです。
小さいからこそ、そのスモールメリットを生かすようにしていくことが必要になります。

ここで、しっかりと理解しておくべきことは、小さいということは、利点でもあり欠点でもあるということです。

まずは、小さな会社の特徴は、少量で高付加価値の商品を扱うことが得意だということです。

お客様のニーズに細かく合わせた、気持ちの行き届いたサービスを提供しやすいのです。つまり、小さいということは、小回りが利いて時代や環境に適用しやすいし、経営者のポリシーが表現しやすいのです。

それはつまり、キャラ立ちしやすい商品になるということです。
これは、特にインターネットにおいては、大きな強みを発揮します。

特徴的な商品やサービスを作り出すことで、ネット上での話題になったりということが起きやすくなるのです。

もちろん、ネットから集客する技術やセールスする技術は必要です。
しかし、それはさほど難しいことではありません。

だから、こういった技術を身につけちょっとしたコツを知れば、小さな会社は、現代にもっとも適応できるビジネス形態となるのです。

必要なのは、商品×サービス×直接売る技術

商品の魅力やサービスがいくら優れていたとしても、直接売る売技術が劣っていては利益は増大しません。
それら3つの技術のバランスが整って初めて利益は生まれます。

しかし、小さな会社や個人事業者がもっとも劣っているのが、このうちの直接売る技術です。
それは、できないのではなく、残念ながら勉強不足だということです。

小さな会社が利益を上げていくコツは、いかに直販技術を高めるかにあります。
そして、こういったものは、技術として蓄積が必要ですから、とにかく学び、試してみて、改良していく。
こういった取り組みが必要になります。

しかし、反面マンパワーの不足はどうしても否めません
必ず人手が足りなくなります。

その結果、小さな会社の経営者は、本来、経営者がやらなければいけない仕事ができにくくなってしまいます。

小さな会社の経営者のやるべき5つの仕事とは?

基本的に小さな会社の経営者がやるべき仕事とはたった5つだけです

・自分のやりたいビジネスの明確化
・そのビジネスの運営モデルの作成
・競争の無いポジショニングを見つける
・見込み客を集める方法を考える
・既存客のリピート方法を考える

この5つだけです。

これらは、すべて頭で考えることです。
接客とかセールスとかではありません。

しかし、日々の業務に追われて、お客さんの対応をしてしまっていると、一番重要なこの5つができなくなってしまうのです。

そうなると、小さいということは、弱みにしかならなくなります。
だから、理想を言えば小さな会社の経営者は、この5つ以外をするべきではないのです。

しかし、残念ながら小さな会社では、どうしても日々の仕事を、経営者自らがこなさなければいけません。

とにかく、そうしないと、仕事が回っていきませんから。
これは、まあ仕方の無いことです。

そのため、どうしても「考えること」が、おろそかになりやすいのです。

多くの小さな会社の不振はここに原因があります。
もし、いま自分のビジネスがうまくいっていないのであれば、一度ここを考えてみてください。

「はたして、自分は経営者の仕事をしっかりできているだろうか?」

こう、問いかけてみてください。

コンサルタントを利用しよう

そして、自分でうまくできないようなら、コンサルタントを利用してみてください。
コンサルタントの仕事とは、この重要な5つの部分を一緒に考え、作り上げていくことにあります

だから、すべてのビジネスの投資の中で、最も売上や利益に直結し、そのうえ、費用対効果が高いのもコンサルティングへの投資なのです。

私も、現在、Skypeを使った経営コンサルティングサービスを希望される会社を募集しています。

それが『Skype経営コンサルティング』です。
必ずあなたのビジネスの展望が変わります。

関連記事一覧

error: Content is protected !!