メールで集客やセールスを行う方法

メールで集客やセールスを行う方法

メールマーケティングのやり方

よくネット上などでは、メールマーケティングとかリストマーケティングなどという耳慣れない言葉が散見されます。
これは、メールで集客やセールスを行う方法のことで、基本的な流れはメールを定期的に出し(メールマガジン)、その読者さんにに、セールスをするということです。

売る商品は、何であってもかまいませんが、それを、メールを使ってビジネスを行うというだけのことです。
こうやって書いてみると、実に単純なことです。
しかし、単純なことですが、やってみるとこれがなかなか大変です。

とにかく、文章を大量に書く必要があります。
それも、相手に理解できる言葉で大量の知識を提供しなければいけないのです。
たいていの人が数回やると、それでギブアップして諦めてしまいます。

これが、メールマーケティングで、多くの人が挫折する根本的な理由です。
メールマーケティングをやろうと思ったら、とにかく文章を書くことに慣れなくてはいけません。

もっとも、これは、メールに限りません。
インターネットを使って集客をする場合には、そのほとんどにおいて文章が使われています。
つまり、オンラインで何らかのビジネスを行う為には、文章を書くという作業が必ず必要になるのです。

メールではどれくらいの文章を書けばいいのか

一つのメールを書くときに必要な字数は、大体1500~2000文字、つまり400字詰め原稿用紙で、4~5枚の分量になります。
もちろん、実際に出すメールは、これでは少し長すぎるので、ここから、推敲していきます。

例えば、メールを毎日出す場合には、毎日、原稿用紙で、4~5枚の文章を書き続けるわけです。
毎日、作文の宿題が出る状態です。
というよりは、作家さんの生活に近いかもしれません。

そして、数週間、頑張っても2~3ヶ月でたいてい、ネタ切れになります。
ここまで来てからが、本当の勝負所です。

ここで辞めてしまうか、歯を食いしばって書き続けるか?
これが、メールマーケティングの成否を握っているのです。

メールで集客やセールスを行う方法

まずは文章を書くことにとにかく慣れる

何らかの形で、インターネットをビジネスに利用したいとしたら、文章を書くということに、とにかく慣れ、そして習熟する必要があります。

メールの読者を集めようとするなら、やはり、魅力的な文章を書いて、それを、ブログなりSNSで発信しそこから、共感してくれる人にメールアドレスを登録してもらいます。

とにかく、ネット上では、全てが文章をきっかけに始まっているのです。
だから、文章が書けないととにかく話にならないのです。

では、この文章はどうすれば上手くなれるのかというと、まずは、他人の文章を読むことです。
これは、小説でもなんでもいいのですが、とにかく文章を沢山読んでおくことが、自分の文章の引き出しを多くしていきます。

さらに、その文章から、ヒントを得て新しいアイディアが生まれたりもします。
アウトプットができない時は、インプットしていくことです。

そうすれば、自然と書くアイディアは生まれてきます。

とにかく書いて!書いて!書きまくる!
あとは、とにかく書き続けることです。

文章を書くためにはタイピング速度も重要

昔であれば、ペンを握って書くのですが、今は、キーボードを打つことになります。
ここでも、ポイントが一つあります。
それが、タイピングスピードです。

文章を、自分の思考の速度に合わせて書くためには、それなりのタイピングスピードがどうしても求められます。
最低でも、ブラインドタッチができるようになっておいたほうが、スムーズに書いていくことができます。

メールマーケティングと一言でいっても実際に行うとなると、このように様々なスキルが要求されていきます。
もちろん、これもやっていくうちに自然と上達していきますから、まずは、始めて、そして続けることです。
とにかく続けること。
そうすれば、自ずと上達していきます。

スモールビジネス大全

関連記事一覧

error: Content is protected !!