オンラインマーケティングを集中的に学ぶ

小さな会社はオンラインマーケティングを学ぼう

ほとんどの人がスマホを持つ時代

今は、ほとんどの人がスマホをもって、いつでも、どこでもネットにつながっています。このようにインターネットが中心になりつつある時代は、小さな会社や個人事業にとってとてもいい時代です。

その一つがまず、このインターネットの技術の進歩の速さです。日進月歩ではなく秒進分歩といわれるほど、進歩しているのがこの分野です。そのため、インターネットの経営環境は日々激変しています。これが、小さな会社や個人事業に追い風となります。

経営とは環境適応業であるとよくいわれますが、大手企業になればなるほどこの適応に時間がかかります。しかし、これが、小さな会社、個人事業であれば、すぐに変えていくことが可能になります。極端な話、経営者であるあなたが、これを読んで今すぐ、業務を変更すればすぐにその場からできるのです。この迅速な対応ができることがネットでの強みになります。

そして、大手企業が、対応してくる頃には、すでにインターネットの環境は次の段階に変化しています。小さな会社や個人事業である私たちだけが、すぐにその変化に対応できるのです。

変化こそが小さな会社が生き残る道

「ビジネス環境の変化に合わせて、次々とビジネスを変化させていくことができる。」

ビジネスをやる上で、この小さな会社や個人事業の強みを生かさない手はありません。小さな会社や個人事業こそ、ネットをうまく利用して、大きなチャンスを掴める時代なのです。

しかし、物事はすべてそんなにうまくいくわけではありません。この強みを発揮できるのは、あくまでネットを利用する立場にビジネスを置いた場合です。ネットを経営環境の一部として利用する場合だけですので、ここは、注意をしてください。

ネットに関するビジネスには、この環境を作る場合のビジネスも含まれてきますが、このような分野に関しては、先行企業がシェアを握っています。また、後発に資金力のある大手企業が参入してくる場合もあります。

たとえば、検索エンジンとしてのGoogleやYahoo、ブロバイダーなどのインフラサービス、楽天のようなショッピングモール、このような分野は変動が大きくないために、先行者や資本力がものを言うビジネスです。

ネットの仕組みを利用して集客する

ですから、このような分野ではなく、あくまで環境を利用する立場のほうが、小さな会社や個人事業は上手くいきます。

つまり、ネットの仕組みを利用して、あなたの会社を宣伝し集客することです。ところが残念ながら、多くの小さな会社や個人事業ではこれができていません。

なぜできないかというと、単に知識がないからです。つまり、勉強不足ということです。

小さな会社の経営者は、もっともっと、勉強してください。特に、オンラインマーケティングについては、集中的に勉強したほうが大きな成果につながります。

自分には無理だと考えることなく、取り組むことです。最初から、諦めていては結局、経営そのものを諦めることになります。少しずつでいいので、オンラインマーケティングを学んで、実際に取り組んでみてください。

関連記事一覧

error: Content is protected !!