利益を出すためにマーケティングを考える

利益を出すためにマーケティングを考える

マーケティングを考える上で、絶対に忘れてはならないことがあります。
それは、そのマーケティングを行う目的は、何かということです。

「何を当たり前な!」と思うかも知れませんが、ここを間違っている人を多く見かけます。

マーケティングの目的は利益を上げること

ビジネスの場合には、究極的な目的は、利益を上げることです。これは、会社を経営するためには、あたりまえのことです。しかし、本当にそれを理解していますか?

利益というのは、お客さんに売ることではありません。
お客さんを集めることでもありません。
お客さんに商品を売って、原価や経費を引いて、残ったものが利益です。

まずここを認識することです。

次に必要な事は、その利益を上げる為の手段として、何を目指すのかということです。

たとえば、

注文をしてもらうことなのか?
お店に来てもらうことなのか?
アドレスを登録してもらうことなのか?
この目的によって、やることが全く変わってきてしまうのです。

例えば、お店に来てもらうことを目的にするとしましょう。
そうすると、では、誰に来てもらいたいかです。

お客さんがちゃんと見えていますか?

商売をやっている以上、購入してくれる人に来て欲しいはずです。
そうなると、それは、どういう人かという前提をはっきりさせる必要があります。

つまり、あなたのお店なり会社に来てくれて、お金を払ってくれる人は、どういう人なのかということです。

これを顧客ターゲットと言いますが、こういった顧客ターゲットが明確になっていないために、何をしたらいいかが不明確になってしまうのです。

顧客ターゲットがめいかくになれば、そこにどんなライバルがいるかも明確になってきます。

ライバルが見えてくれば、どこなら勝てるかというアイディアも出てきます。
さらに、来て欲しい人達は、どのようなところから情報を得ているのか?
さらには、どれくらいならお金を払ってもらえるのか?

とにかく、こういった多くの事が、何を目的にするかによって、初めて明確になっていきます。

ところが、現実には、多くの経営者や、広告などにかかわる人達は、ここがわかっていません。

だから、何をやっても効果が出ない。
それどころか、やればやるほど経営が苦しくなってしまうのです。

そんなことがあちこちで起きてしまっているのです。

利益を出すためにマーケティングを考える

何を、どの順番に、どのようにすべきか

マーケティングを考える時には、まず、その目的を明確化しておくことです。
そうすることで、その為には、何を、どのようにすべきかがはっきりします。

それを考えずに、
「○○したら儲かった」
とか

「○○が今は流行っている」

などといった、言葉にのっかって取り組んでも、ほとんどの場合上手くいかないのです。
小さなお店は、もともと資金が潤沢にはありませんから、効果のない事をやっていては、いつまでたっても繁盛できないのです。

マーケティングの目的を明確にした上で、何をすべきかを、そして、どの順番にすべきなのかをしっかりと考えて、利益を出すように取り組むようにしてください。

お金の原理幸福の原理

関連記事一覧

error: Content is protected !!