あなたのビジネスは儲かっていますか?

あなたの会社が儲かる方法

「あなたの会社は儲かっていますか?」

この質問に「儲かっていない」と思われたなら、もしかしたら、あなたの会社が、インターネットからの集客に対して上手くいっていないのではないでしょうか?

現在はインターネットなしには成り立たない

現代の経営環境は、ネットなしには成り立たないところまで来ています。

しかし、これは、ある意味幸運とも言えます。インターネットがビジネスの中心になった今、 小さな会社や個人事業といったスモールビジネスにとっては、とても有利な時代だからです。

しかし、物事はすべてそんなに単純な訳ではありません。この強みを発揮できるのは、あくまでインターネットを経営環境として利用する立場に、 ビジネスをアジャストさせた場合です。

ただ、インターネットを使っているだけでは、ほとんど意味はありません。インターネットを経営環境の一部としてしっかりと利用してください。

インターネットから見込客を集めよう

簡単に言ってしまえば、今のビジネスに対して、インターネットを使っての見込客を集めることです。これが、一番簡単に、大きく利益を出していける方法の一つです。

もし、あなたの会社がまだ、インターネットからの集客に対して、何もアプローチを していないのであれば、そこにインターネットからの集客という チャネルを一つ加えてみてください。そうすることで売上は、飛躍的に大きくなる可能性があります。

インターネットは当たり前のように利用しているけれど、 ビジネスに使わない社長があまりにも多すぎるのです。インターネットは、ただ検索したり 知識を得たりするだけではもったいないです。あなたの会社が伸び悩んでいるのであれば、まず、ここに取り組むことです。

既に取り組んでいても、あまり上手くいっていない場合には、他に目をやるのではなく、より効果的に使う方法や改善を考えてください。

インターネットから見込客を集めよう

全てをネットでやろうとしない

さて、この時に、注意しておくべきことは、すべてをネット上で行おうとしないことです。

もちろん、技術的にそれはできますが、一気にその体制に移行しようとすれば、それなりの経費が掛かってしまいます。さらに、どこに問題があるかが見えにくくなり、結局上手くいかないという例が多く見られます。

とにかく、最初はまず集客にだけ特化することです。

まず、目の前にお客さんを連れてくること。ここだけに特化して、インターネットでアプローチすることです。

そこからは、ひたすら対面で売る。
まずは、これだけで、十分です。

ここが上手くいくようになってから、その先を考えるようにしてください。

全てをネットでやろうとしない

スモールビジネスは身軽さが身上

インターネットをビジネス環境に取り入れるときに重要な事は、なるべく身軽にすることです。

そもそも小さな会社や個人事業といったスモールビジネスでは、経営経費をなるべく固定化させないことが必要です。これは、固定費をなるべく変動費に置き換えるということです。

具体的に言ってしまうと、

・人はなるべく雇わない
・事務所はなるべく小さくする(できれば自宅で)
・設備は持たない(設備投資はしない)
・リースは組まない
・毎月かかる経費はなるべく抑える
・借金はしない。

こういったことです。

これをスモールビジネス戦略と言います。
インターネットは環境が激しく変化します。だから、いつでも変えられる状態にしておくことが重要になります。

極端な話、都合が悪ければ、明日からでも 事業を変化させることができること。もっと極端にいえば、すぐに廃業できるようにしておくことです。
これをしておかないと、強みであるはずのインターネットが環境の変化をもたらし、がかえって首を絞めることになるのです。

お金の原理幸福の原理

関連記事一覧

error: Content is protected !!