発信するメッセージは統一する

あなたの発信するメッセージは統一されていますか

『小さな会社はお客さんに自分で階段を上ってもらおう』の記事でお伝えしたのは、お客さん自らマーケティングの階段を上ってきてもらおうということでした。

その為には、あなたの価値観や世界観を伝え続ける必要があります。

価値観や世界観を伝え続けるということは、あなたがカラスが白いと考えているのなら、それをずーっと言い続けることです。そして、お客さんが白いカラスがいると、信じるようになるまで発信し続けることです。

価格競争はしたくないといいながら価格競争をしている

ビジネスのマーケティングというのは、ある意味洗脳的な側面があります。テレビなどの化粧品のCMなどをみても、新しく配合された成分が、どれだけいいかと価値観を発信しまくっていますね。つまり、マーケティングというのは、どのようなメッセージを出すのか、ということに尽きるのです。

では、新聞に折り込まれるチラシなどを見て一度考えてみてください。これは、あなたのお店や会社のチラシでも、その他の会社のチラシでもいいです。

そのチラシを見て、目に飛び込んでくるのは、いったいどのようなメッセージでしょうか?
あるいは、街を歩いていて目に飛び込んでくる看板に書かれているのは、いったいどのようなメッセージでしょうか?

実際に見回してみるとわかるのですが、その多くが価格であることに気づくと思います。つまり、多くのお店が価格を中心にした情報を発信しているのです。

そては、言い換えれば、
「私たちは価格競争をしています」
というメッセージに他なりません。

しかし実際に社長さんに聞いてみると、皆さん口をそろえて価格競争はしたくないと言います。
ところが、現実に発信しているメッセージは、価格競争のメッセージなのです。

価格競争はしたくないといいながら価格競争をしている

発信するメッセージを統一しよう

どうしてこうなってしまうかというと、多くのお店や会社が何を発信するかが明確になっていない、または、できていないのです。既に、最初のボタンが掛け間違っているのですから、そりゃあ、問題が発生します。

ビジネスのマーケティングというのは、お客さんをどのように教育するのかということです。

それは、つまりお客さんに、何を伝えるかということであり、さらには、どのような価値観や世界観を伝え、共感してもらうかというその一点に尽きるのです。

だから、お客さんの目に触れる部分は、全て同じ価値観や世界観で統一される必要があります。これは、店舗のデザインや、POP、様々な広告、看板、さらにはホームページも全く同じなのです。

しかし、ほとんどの場合、その中心となる価値観や世界観が明確にならないまま、作成されたり、発注されていきますので、統一されていない、どこかで見たようなものばかりになるのです。

だからこそ、まず最初に、あなたの持つ価値観や世界観を明確にし、わかりやすく表現する必要があります。
これが、全ての中心に来るのです。

メッセージを伝える媒体をしっかり使おう

メッセージを伝える媒体をしっかり使おう

そして、こういったメッセージをお客さんに発信するための最も重要なツールがニュースレターやメールマガジンになります。

なぜなら、こういった価値観や世界観は、すぐには伝わらず、何度もメッセージを届けなければならないからです。その為には、定期的にお客さんにリーチするツールが必要になります。これに最適なのが、ニュースレターやメールマガジンなのです。

まだ、ニュースレターやメールマガジンを出していない人はぜひやってください。
その効果は絶大です。

ニュースレターやメールマガジンは、教育のほとんどを担うものです。だから、自動化の主役であり、絶対に欠かせないものになります。

ただし、気を付けていただきたいのは、ニュースレターやメールマガジンの目的は、あなたの持つ価値観や世界観を伝えるためのものだということです。

紙媒体か電子媒体かの違いはあるけどどちらも目的は同じです。だから、社員に任せたり(一部を任せるのはOK)、外注したりでは、意味がないのです。

こういった媒体の役割は、あなた自身の価値観や世界観をつたえることであり、さらには、あなたという人間がどのような人間かを伝えることが目的なのです。

ここを間違えないことです。

ブログの持つ役割とは

ブログの持つ役割とは

さらに、もう一つこういった価値観や世界観を伝える最適な媒体があります。

それがブログです。

だから、あなたがホームページを持っているなら、ただの会社案内にするのではなく、その中に、必ずブログの部分を入れてください。そして、そのブログで書くべき内容は、あなた自身の価値観や世界観です。

マーケティングとは価値観や世界観を伝えることだということに気づいている小さな会社の社長は、ほんの一握りしかいません。だからこれをやれば、ライバルに対して大きな差をつけることができます。

ぜひ、取り組んでみてください。

小さな会社が儲かる7つのルール

関連記事一覧

error: Content is protected !!