いくつかの段階的な目標を設定する

目的を達成するためにはいくつかの段階的目標を設定する

目的を達成する為に目標を設定する

経営においては、目的を決めることはとても重要です。そして、目的を達成するためには、その前に、いくつかの段階的な目標を設定する必要があります。

目標とは、目的に至るまでの階段、マイルストーンなどと表現される途中の評価ポイントのことです。これを定めておかないと、目的地を目指したとしても、辿り着く前に迷子になってしまいます。その為に設定するものが、いくつかの目標なのです。

この目標を定める時には、そこまでどうやって達成すればいいかは、この時点では判らなくても大丈夫です。

ここはとても需要で、なまじ理屈で考えると、かえって遠回りすることが多々あります。

必要なのは、
「できるという信念」
「真剣に取り組む姿勢」
「行動を起こそうという意志」

この3つだけなのです。

潜在意識が目標を自動的に実現する

目標を定めて書き出すことによって、たとえ、目標を達成する方法が判らなくても、潜在意識レベルで出来るようになる方法を探すようになり、本当に出来るようになる確率が上がていきます。

潜在意識においては、視界に入った全ての情報や聞こえないレベルの声も頭に入ってきます。そして、脳はそこからヒントを見つけ出して、無意識のうちに、そのヒントを元に、必要な情報を集め、人脈を作り、行動を起こしていきます。

私たちが意識的の考える方法よりも、潜在意識の力に委ねてしまったほうが、より可能性の高い方法を見つけ出すことになるのです。その為には、潜在意識が効果的に働くような方法が必要になります。

その方法はとても簡単です。紙に書いて何度も眺めるだけでいいのです。それだけで、潜在意識は可能性を総動員して実現に向かおうとするのです。

目的を達成するためには目標は現在形で書く

目的を達成するためには目標は現在形で書く

全ての成功している経営者は、明確な目的や目標を設定して行動しています。まずは、目的を実現する為に、目標に集中することです。

そして、この目標へ向けて潜在意識の力で結果を出すために注意することがあります。
その1つ目は、現在形で書くことです。

私は●●を持っている。
私は●●である。
私は●●を稼いでいる。

といった具合です。

ここでも潜在意識の話になってしまうのですが、潜在意識は、現実の想像を区別できず書かれたとおりに解釈してしまいます。

また、過去形や未来形には反応しません。

「●●をこれから手に入れる」

といった表現を使うと、潜在意識はゴールを手に届かないもの、未来にあるものと考えてしまうのです。

目的を達成するために目標は前向きな表現を使って書く

目的を達成するために目標は前向きな表現を使って書く

2つ目は、前向きな表現を使うことです。例えば、「10㎏減量する」という目標を書いたとします。この時に問題なのは、これは単なる事実だけだということです。潜在意識には、良い悪いを判断することはできません。すると、この目標にたどり着く方法に病気になるといったことも起きるのです。

だから、
「10㎏減量する」
ではなく、
「10㎏減量で健康で魅力的な体型になる」
といったように書いてください。

目的を達成するための目標は数字と期日を設定する

目的を達成するための目標は数字と期日を設定する

そして、3つ目は、数字で表せるもの(体重・収入、貯金など)が、目標である場合には、具体的な数字と目標達成日をきちんと書くことです。

目標はむしろ数値で計測できるほうがより効果的になります。そのほうが、行動に対する結果を検証しやすくなります。

例えば、
「もっとお金を増やす」
という目標では、成果はなかなか期待できません。

「アルバイトをして7月1日までに、
 月10万円を余分に稼いでいる」

というように目標を定めたほうが上手くいきます。

目標を作るときは、

「現在形」
「前向きな表現」
「具体的な数字と達成日を入れる」

という形で書くようにすることが、効果的に目標を達成する方法なのです。こうすることで、潜在意識が最大限の力を発揮し始めるのです。

関連記事一覧

error: Content is protected !!