小さな会社が繁盛するために取るべき戦略はゲリラ戦

小さな会社が取るべき戦略はゲリラ戦

小さな会社はスモールビジネス戦略を取る必要があります。 決して大きな会社と同じ戦略を取ってはいけません。大きな会社と同じ土俵で戦っては、負けが確実になってしまうからです。

このスモールビジネス戦略は、簡単に言えば、小さいという利点を最大限に活かす為の経営戦略です。小さいということを最大限に生かしていくということは、自ずとゲリラ戦になるということです。

つまりこれは、弱者の戦略となります。ゲリラ戦は、その戦略が他から見えてしまってはすぐに対策をされ効果が無くなってしまいます。

ゲリラ戦に特化すること

強者がとる戦略は、弱者のやることが見えたら、同じことをより多くの資金と人材を投入し、一気に市場を奪いに来ます。だから、小さな会社は、やることが競合他社に見えてしまってはダメなのです。

スモールビジネス戦略では、ひたすらゲリラ戦をやっていきます。

ベトナム戦争下で、物量を投入した米軍に対してゲリラ戦を仕掛けたベトナム。
結果は、米軍の撤退となりました。

このように、ゲリラ戦は、弱小が強者に勝つために非常に有効な戦略なのです。

小さな会社は、とにかく、こっそり隠れて、ゲリラ戦を展開していかなければ、結局、物量に負けてしまいます。その為に、スモールビジネス戦略では8つの方針を定めているのです。

大きくしない、大金を稼がない、自分の好きな事、やりたいことで競争のないポジショニングに移行する。
こうすることで、自ずとゲリラ戦をやることにつながっていくのです。

こうして、スモールビジネス戦略を取った時に、それを、実行するために必要になるのが戦術です。

「戦略」とは、大きな枠組みを決めることで「戦術」とは、どのような方法を取るかです。
スモールビジネス戦略に必要な戦術は、コンテンツマーケティングと絆マーケティングの二つです。

ゲリラ戦に特化すること

「コンテンツマーケティング」と「絆マーケティング」

コンテンツマーケティングとは、あなた独自のコンテンツを作り情報発信することで、共感してくれる見込み客を集めていく事です。ここで、気を付けておきたいのは、情報発信と言うと、情報を提供するだけでいいと思ってはいけないということです。

これは、非常に多くの人が勘違いしています。

独自のコンテンツとは、単なる情報や知識ではなくその人の体験や経験をプラスし、再構築したものです。つまり、自分の体験や、経験を通して学んだことを、知識や技術と経験から新しく作り出したものなのです。

こうして出来上がった独自コンテンツを自分のメディアを作成して、そこで発信することで、見込み客を集めていきます。これが、コンテンツマーケティングです。

特に、インターネットでの集客には、このコンテンツマーケティングが必ず必要になります。

さらに、その集めた見込み客を、単なる知り合いから顧客に変えていくのが「絆マーケティング」です。
この二つがそろって、始めてスモールビジネス戦略が機能していくのです。

お金の原理幸福の原理

関連記事一覧

error: Content is protected !!