売り手市場を作る4つの方法

小さな会社が利益を出す方法

小さな会社はまず売り手市場を作ること

小さな会社が、利益を出していくためには、自分の商品をいかにして、売り手市場で売っていくのかというのが重要です。

売り手市場とは、買い手の数が売り手より多い状況です。
つまり、需要のほうが供給より多い状態です

小さな会社が利益を出すために、やらなければいけない、最も大事なことがこれです。
こういった状況を創り出すこができれば、確実に儲けを出すことができるのです。

売り手市場を作る4つの方法

売り手市場を創り出す為には、次の4つの方法があります。

(1)イノベーションを起こす。

どこにも売っていないような、斬新で目新しい商品を創り出します。
売り手はあなたしかおらず、それを求めるニッチな市場が存在します。
こうすることで、一人の供給者に対して、多くの買い手が存在する状況が作り出されます

(2)人間関係を構築する

あなたが、買い手と強い結びつきを気付くことで、買い手は、他の売り手に見向きもしなくなります。
つまり、あなたの言うことしか聞かなくなります。
このまま、買い手が他の売り手に関心を示さなければ、売り手市場となります。

(3)利便性を追求する

利便性とは、買い手の負担が最も少ない形で、買い手のニーズにこたえることです。
つまり、適切な場所で、適切な時に、消費者の欲求を満たす何かを提示し、簡単に手に入るようにします。
そうすることで、買い手は時間、お金、エネルギーを余分に費やして別の商品を探そうとはしなくなるのです。

(4)価格

これは、わかりやすいです。
他者より安い価格で商品を提供します。
そうすれば、買い手はあなたから買うようになります。
ただし、設備投資などをして、他社よりコストを下げることができなければ、利益が出なくなります。

この4つが、売り手市場にする方法です。

小さな会社は一つに特化すること

よくみてみると、これらの4要素は、2つの対立軸に分けられる事に気づきます。

たとえば、イノベーションと利便性は基本的に両立できません。イノベーションには、時間がかかることと、最初のアイディアは、欠陥があるからです。たいていの商品は、イノベーションを改善して利便性を追求していく流れになります。

また、激安価格で提供しながら、顧客との関係性に優位に立つのも難しいでしょう。

また、それぞれにコストがかかることですから、小さな会社にとっては、この4つの方法のうち、どれか一つしか選べないということもあります。

そのため、どこで、自分の地位を築きたいのか、力を注ぐべき場所を選ぶ必要があるのです。

お金の原理幸福の原理

関連記事一覧

error: Content is protected !!