絶対必要なのが「お金の知識」

経営者にお金と投資の知識が必要な理由

「資本主義社会においては、必ず所得格差が大きくなっていく」

これが、少し前に話題になった経済書「21世紀の資本」(トマ・ピケティ)の結論です。
あなたは、読みましたか?

「21世紀の資本」に見るお金と投資

「21世紀の資本」の実際の内容は、経済論なので小難しい数式やデータが並べられていて、なかなか理解しにくいのですが、結論は、そんな感じでした。

なぜそうなるかというと、お金によってお金を生み出すほうが、労働して生み出すお金より大きくなるということです。

資本収益率(r)
経済成長率(g)

これが、「21世紀の資本」が導き出した結論です。
この結論が、歴史を検証することによって導き出されてしまったのです。

財産の成長率は、労働によって得られる賃金の成長率を上ります。「持てる者」はより豊かに、「持たざる者」はより貧しくなります。21世紀は「相続」によって格差がさらに肥大化していきます。

つまり、労働で生み出される富は投資で生み出される富にかなわないということであり、これから推察すると、「日本は典型的な格差社会」になっていくということです。

詳しくは、「21世紀の資本」を読んでいただければいいのですが、結局、幾ら努力して頑張って働いたとしても、お金によって、自動的に生み出される富に追いつけはしないということなのです。

つまり、お金を持っている一握りの人だけがお金持ちになり、それ以外は、そこそこの暮らししかできないという私たちにとって残酷な結論ということなのです。

つまり、お金に対する知識やスキルを持っているかが豊かになれるかどうかの大きな分かれ目になっているのです。

「お金の知識」を身に付ける

では、私たちは、ここから、何を学び取るべきなのでしょうか?

まず第一には、「お金」について、もっと、知識とスキルを持たなくては辛い時代になってしまうということです。ですから、今後の生活の為にも、絶対必要なのが「お金の知識」なのです。

これがまず、最初です。

なぜそうなるかというと、投資によってお金を生み出すほうが、労働して生み出すお金より大きくなるということです。つまり、お金を効率的に働かせることを考えることが豊かになるということそのものになるからです。

その為には、お金についての知識をしっかりと持っておくことが重要になってきます。

個人が豊かになれるかどうかの分かれ目は、実はお金の使い方にあります。

手に入れたお金をどのように投資していくかが、その後の人生に大きく影響することになるということです。

投資と負債というお金の使い方

ここで、しっかりと知っておいていただきたいのが、お金の使い方には結果的に2種類に分かれるということです。

一つは投資、もう一つは負債です。

詳しいことはまた、別の機会にお伝えしますが、簡単に説明してしまうと、払ったお金より価値が増えるものを投資、価値が減るものが負債と考えると判りやすくなります。

そして、個人が豊かになっていく為には、なるべく投資にお金を使って行くことです。

お金が手に入ったからといって、スグ外車を買ったり、豪華な食事をする。もちろん、これらは、悪いことではありませんが、しかし、 これらはすべて価値が減る、もしくは無くなるので負債に分類されます。

さらに、維持するためにランニングコストがかかるものも負債になっていきます。

そう考えると、車や家などは負債に分類されます。じつは、世の中の殆どのものが負債に分類されるのです。ここにお金を使うと、せっかく稼いだお金がどんどん減っていきます。

お金を使うときには、できる限り負債ではなく価値の増えるものにお金を使うようにまずは意識することです。

会社における投資とは何か

投資によって生み出すお金といっても、個人と違って、会社がお金を株などに投資してしまっては、そもそも、何をしているかわからなくなります。

コンサルタントという仕事をしていると、
「今は何に投資すべきですか?」
と聞かれることが多々あります。

世の中には、たくさんの投資先があるので、その中でどこに投資すればリスクが少なく、リターンが大きいのかを多くの人が知りたいようです。

豊かになるためには、確かに投資が必要です。

しかし、これは、別にFXやれとかインデックスファンドをやれとか、不動産投資をしろとか、そういうことではないのです。

会社が行う投資には、いつくかのものがあります。

例えば、生産する機械などに投資をする設備投資、
自社ビルを建てること
販売の為に広告費に使うこと
コンサルタントを雇うこと

こういったことも、投資となります。

設備投資をすれば、生産効率が上がって売上をすやすことができます。
自社ビルを建てれば、それまで支払っていた家賃が無くなるし、余分なスペースを貸し出せば、投資としてリターンを得ることができます。
広告費は、そのままダイレクトに売上を増やすことができます。
コンサルタントを雇えば、業績を上げるための知恵が手に入ります。

こういったように、払ったお金以上にリターンがあれば投資になるのです。

最初に自分自身に投資をする

中小企業などの小さな会社の経営者にとって、最もおすすめなのが、「自己投資」にです。

自分自身が知識を身につけたり、スキルを得るためにお金を使ってください。

セミナーに行ったり本を読むこともいいです。メンターを得るために使うことも大切です。そして、それは、他の投資先よりも、リスクが少なくリターンが大きくなります。自分に投資をすることが、一番大きく価値を増やすことができるのです。

例えば、10万円のセミナーで稼ぎ方を学ぶことで、100万円以上のお金を手に入れられることなんてざらにあります。セミナーで聞いた内容をちょこっとやれば、100万円手に入るなんてことは多々あるわけです。

これを海外ファンドでも海外不動産でも良くても年10~20%リターンがいいところですが、これが自分に投資にすれば年100%とか年500%にできるのです。

100万円投資した場合、他の投資は良くて120万円だとして、自分自身に投資すれば、500万円とか1000万円以上にできたりします。そのため、自分自身には、なるべく多く投資することです。

100万円とか500万円をファンドや不動産に投資したところで、たいしてお金は増えませんが、自分自身に投資をすれば、ぐんぐんお金を増やしていくことも可能になるのです。

関連記事一覧

error: Content is protected !!