なぜ、あなたの会社は計画通り行かないのか?

売上が増えない理由には2つある

あなたの会社やお店が、計画通り売上が上がらない理由とは何でしょうか?
この理由には2つあります。

1つ目は、既存客、見込客に対して効果的なセールスができていないこと。
2つ目は、新しい見込客を絶え間なく獲得していないこと。

このどちらかができていない、または、両方ができていないことが原因です。

言い方を変えてしまえば、この二つだけをきっちりやれれば、どのようなお店や会社であっても繁盛するしかないのです。

経営を難しく考えると、いろいろなことに目が行き振り回されてしまいがちですが、単純化すると、たったこの二つだけをにしっかりと取り組むだけで十分なのです。

スモールビジネス戦略を取り入れよう

この2つを実行する時に、小さな会社が取るべき戦略が『スモールビジネス戦略』です。

この『スモールビジネス戦略』を一言で表現するならば、
「最小の資金でライバルとの競争に打ち勝つ為の戦略」
ということになります。

世の中には、多くのマーケティング手法が溢れています。しかし、その多くが、大きな会社の為の戦略でありマーケティング手法なのです。

これを、中小企業が真似をすると、効果がないどころか、集客コストの増大で経営が悪化していくことになります。小さな会社は、そもそもが資金力がありませんから、競合他社と同じような事をしていては、勝つことはできないのです。

だからこそ、小さな会社は、その小さいという利点を徹底的に生かしていくことです。私のコンサルティングでは、この小さいという利点を徹底的に研ぎ澄ましていきます。

その為には、小さな会社や個人事業などの中小企業独自のマーケティング戦略が必要になりますが、この戦略こそが、『スモールビジネス戦略』となります。

中小企業の為の最強戦略

この『スモールビジネス戦略』は、個人事業のような、一人会社でも大企業に対して戦える戦略になっていますが、それでもやはり、マンパワーが不足することは否めません。

そのため、従業員5~30人ほどの会社にとって最強の戦略となっていきます。

この戦略をあなたの会社に導入することで「最小の資金で競争に打ち勝つこと」が実現できるようになるのです。

関連記事

  1. 小規模事業者は必ずゲリラ戦で戦え

    小規模事業はゲリラ戦が基本

  2. 強み(USP)は伝えるから効果がある

    強み(USP)を見込客にどう伝えるか

  3. 顧客台帳の大きさが売上げに比例する

    顧客台帳を整備することが商売繁盛の第一歩

  4. ビジネスには基本となる3つの法則が有る

    ビジネスの法則

  5. 小さな会社は売り手市場を目指せ

    小さな会社が利益を出す方法

  6. 顧客生涯価値から戦略を見つける

    顧客生涯価値(Life Time Value)から戦略を作る

error: Content is protected !!