自分ができないことは人に任せる

できないことは人に任せる

社長は人に任せる事を覚えよう

全てにおいて、最高の仕事ができる人など、この世界には、誰一人としていません。
あなたが誰よりもできることもあれば、他の人のほうが上手くできることもあります。

そして、嫌いな事や先延ばしにしてしまうことは、上手くできないことである場合が多いものです。

本当に成功し、その状態を維持するためには、責任や仕事の報酬を他の人と分かち合ることを覚える必要があります。
自分一人で独り占めしようとすると、かえって、大きなものを取り逃がすことになるのです。

つい忘れがちなのですが、私たちは、このことを心に刻み付けておく必要があります。

まずは、人に任すことを覚えてください。

自分のできることだけをする

私の場合には、特に心がけているのは

「自分のできることだけをする」

ということです。

つまり、他の人のほうが上手くできる仕事があれば、それを人にその仕事をまかせるということです。

たいていの人は、つい自分だけで全てをしようとしています。
特に、自分で仕事をしている人、つまり社長や起業家の人は、そうした傾向が強いのです。

「人にお金をなるべく払いたくない」
これ、全員が思うことなのです。

しかし、これでは、絶対に成功できません。
そのできないことに無理に取り組んで、かえって苦しんでしまっているのです。

自分のできることだけをする

自分ができないことは人に任せる

できる限り、自分ができないことは人に任せること。

こうすれば、自分がしなければならない仕事に、より多くの時間を割くことができます。

別の言い方をすれば、自分にしかできないことだけをして、その他の事は、もっとできる人にまかせるということです。

そうすれば、あなたは、より多くの重要な事を成し遂げることができるのです。

事務仕事より、外回りのほうが好きなら、事務仕事を担当してくれる人を雇えばいいだけです。

周りを能力のある人で固めて、それぞれに、得意な仕事をやってもらえばいいのです。

仕事をするということは、自分の得意なことをお金に換えるということです。

自分の得意なことを提供して、それに見合ったお金を払って貰うのが仕事です。

商売とは、自分の得意なことで価値を作り出し、それを、お金と交換することなのです。

他の人のほうが上手くできる仕事は、その人にまかせてしまうことです。そうすれば、自分の得意な仕事により多くの時間を使えるのです。

そもそも、自分の得意なことをしたほうが成功に近づきます。

どのようなことであれ、何かに取り組むときに、必ず乗り越えなければいけない壁が存在します。

壁を乗り越える為には、努力が必要ですが、同じ努力でも、好きなこと、楽しいことであれば、乗り越えやすいものです。

だからこそ、得意なことをしたほうがより成功に近づきやすいのです。

小さな会社が儲かる7つの基本戦略

関連記事一覧

error: Content is protected !!