社長は自分の人生を軽く扱ってはいけない

社長はもっと我儘に自分らしく生きていい

コンサルをしていて、よく感じることが、特に社長は自分の人生を軽く扱ってはいけないという点です。これは、他人がどうこうということではなくて、そもそも、社長自身が、自分をもっと大事に考えないといけないということです。

社長は自分を最優先していい

日本人の特性なのか、多くの社長が、自分のことを後回しにする傾向があります。会社のため、仕事のためといいながら、自分のやりたい事、自分が目指している事、そういったことを、後回しにする傾向があります。
しかし、本当は社長だから、最優先してやってもいいのです。

しかし、日本人は昔から、狭い共同体の中で生きてきましたから、自分自信のことよりも、周りを優先する傾向があります。お家のためにと命を懸けた武士の時代から、そう思う癖をDNAに刻み込んで来てしまったようです。

それで、不満がないのであればいいのですが、やりたいことができないということは、結局、心の中に不満をため込んでしまうのです。

不満がたまると、それが怒りに変わり、蓄積されると、どこかで爆発したり、心身の異常をもたらすことになります。

仕事を言い訳に先延ばしにしない

社長は、仕事を言い訳に、やりたいけれど、先延ばしにしてきたことをぜひやってみてください。
自分の人生を大事にし、周囲に遠慮することなく、堂々とやっていくのです。

それも、今すぐにやることを決心してください。そのための計画を立て、必要なものを調べ、費用はどれくらい価格か計算するのです。大事なことはとにかく、今、行動を起こしてみることです。まずは、計画を立てることからでいいので行動に移してみてください。

社長は、会社のためにとか、社員のためにとか、周囲のことを優先するのではなく、まず自分のことを最優先に考えて構わないのです。

もちろん、だからと言って、社会のルールを逸脱することはお勧めしません。
それは、かえって自分自身を傷つけることになります。

自分の人生を生きていますか

ありきたりな言葉ですが、自分の人生の主人公は自分なのです。なんの遠慮もいらないのです。

特に小規模事業の小さな会社の社長は、もっと自分らしく生きていいのです。だって社長なのだから。誰にも気兼ねすることなく、やりたいことをやればいいのです。人生は、まず自分自身が幸福になるために有るものです。

他人の人生の為に有るのではありません。

社長は、まず自分の人生を好きなように生きるようにしてください。それが返って、会社そのものの繁栄をもたらすことになるのです。

関連記事

  1. 顧客自らが階段を上っていく仕組み

    小さな会社は顧客に自分で階段を上ってもらおう

  2. 社長は一番最初に自分自身に支払え

    社長は自分自身の貢献度を過小評価しないこと

  3. 依怙贔屓(えこひいき)こそが儲かる鍵

    依怙贔屓(えこひいき)こそが小さな会社が儲かる鍵になる

  4. あなたの会社は本当に必要とされてますか

    災害から再起する為に日頃からやっておくこと

  5. 顧客の優先順位を間違えてはいけない

    常連客の持つ不満をわかっていますか

  6. 情熱と信念の経営を思い出そう

    会社の経営に情熱と信念を持ち続けているか

error: Content is protected !!