小さな会社の為の最強の営業テクニック

できると確信していることは必ず達成できる

成功法則の中に
「実現するまでは、その振りをする」
というテクニックがあります。

これは、古くから言われていることで、いろいろな場面で使われますが、実際にやってみると、かなり役に立つことがわかります。いろいろな場面で効果的ですから、ぜひやってみることをお勧めします。

「○○が得意だ」と言い聞かせる

まず、最初に「私は○○が得意だ」と潜在意識に言い聞かせることです。
営業なら、営業が得意と何度も何度も言い聞かせるのです。

この時に、気を付けて欲しいのは、成功者と間違えて、成功したいだけの人がやっていることを、思い浮かべて真似してしまうことです。そうすると、成功したいだけの人になってしまいます。この違いが大きいのです。

そうではなくて、自分で自分を成功者と見なすということです。成功した自分を思い浮かべるということです。

あくまで、自分の中だけで。(ここ大事です)なにも周囲の人をだませということではありません。

たまにいるんで。
本当に、振りだけしている人・・・

潜在意識は現実と想像を区別しない

例えば、月末までに上げなければいけない売上があるとします。そんな時に、セールスを成功させ目標を達成している自分を、心の目ではっきりと見るようにするのです。

「目標を達成して自分は成功している」と、何度も何度も自分に言い聞かせるのです。もちろん、重要なポイントとして、やるべき行動をしっかりと取っていることも確認しながらです。

売上を上げる為に思い付いた方策の全てを全力で実行しながら、目標を達成している自分の姿を明確に思い浮かべ続けるのです。ここで、注意することは、やはり行動の伴わない思いだけでは、何も生まれてきません。

人の潜在意識は、現実と想像の区別をつけることができないといわれています。だから、強く想像することで、潜在意識をその方向に向けることが可能になるのです。

営業の電話をかける前に、ひと呼吸おいて、その営業が上手くいく場面を心の中で思い描いてみてください。これだけで、驚くほど結果が違ってきます。

営業にこそメンタルトレーニング

これは、スポーツ選手のメンタルトレーニングと同じです。スポーツ選手は、試合の前に、勝つイメージや最高のプレイのイメージを心に描いて集中力を高めています。

これと同じことを、営業でやってはいけないことはありません。むしろ、営業でこそやるべきなのです。

そして、
「私は営業が得意だ」
と常に自分に言い聞かせることです。

これを何度も、何度も、やるのです。

特に電話をかける前には、商談が成立するところを思い浮かべ、上手くいくイメージを明確に集中します。成功を肌で感じ取れるようになるまで、これを何度も繰り返してください。

やってみれば、結果は素晴らしいものになるはずです。

少しの時間以外失うものはない

しかし、この話をただ読んで信じるだけでは、何も変わりません。とにかく実行してみることです。やることで失うものは何もありません。必要なのは、ほんのちょっとの時間だけです。それで成功すればすべてが手に入るのですから、やらない理由は全くないのです。

「できると確信していることは必ず達成できる」

これは、ずっと昔から言われている事です。

これだけ昔から言われ続けているということは、効果があるということです。
だったら、それを利用して、人生を自分の手に取り戻し、可能性を最大限に発揮してみてください。

関連記事

  1. 損得より先に善悪を考えよう

    小さな会社は損得より先に善悪を考えよう

  2. お金が沢山流れている金脈を探せ

    あなたはお金が流れている場所でビジネスをしていますか

  3. パソコンなんでダサ!今はスマホだけ!

    勝ち組と負け組を分ける要因

  4. 会社の経営を通じて天職を見つける

    小さな会社の経営を通じて天職を見つける

  5. 会社は自分や家族を幸せにするためにある

    まずは自分の為に、そして家族の為にお金を稼ごう

  6. 社長の虚栄心が会社を倒産させる

    小さな会社はかっこ悪く稼げ

error: Content is protected !!