経営者の仕事は3つだけに絞ってしまおう

社長の仕事は三つだけ

思うように、やりたいことができない。
やらなければいけないことが多くて、重要なことができていない。
気持ちばかりは焦るけど、結局、何も進んでいない・・・。

あなたは、そんな悩みを持つことはありませんか?

これは、おそらく小さな会社やスモールビジネスの経営者全てが、同じような悩みを持っています。

小さな会社は、「人」「モノ」「金」といった経営資源が、そもそも足りていませんから、結局社長が全てをやらなければならないので、しか無いことでもあるのです。

やっている仕事を整理してみる

小さな会社やスモールビジネスの社長は、とりあえず一度、今やっている仕事をすべて書き出してみることです。

細かいものを含めれば、社長は、たいてい一日に平均50以上の仕事をしているものです。

それを、分類して、重要なものだけを抜き出し、一日にやる仕事を三つだけに絞ってみてください。

もちろんその為には、いくつかの仕事を止めるという選択もせざるを得なくなります。

一見、仕事をしなくなる気がして、怖くなるものですが、こうすることで、一つ一つの仕事の質を高めることができ、かえって、うまくいくようになるのです。

何をするかより何をしないかが大事

仕事を三つに絞るということは、何をするかというよりも、何をしないかということが重要になります。

私たちは、どうしても、ただ忙しくすることで満足してしまいがちです。

スケジュールが埋まることが嬉しかったり、仕事に追われているのが嬉しかったりします。しかし、それは本当の目的ではありません。

実際に一日の仕事を3つにするということは、これまでやっていた仕事そのものを見直す必要があります。

本当に、その仕事は必要なのか?
不要な仕事をやってはいないか?

こういったことから考えて、重要なものを優先して三つだけに絞るのです。

経営者の仕事は3つだけに絞ってしまおう

社長の本当の仕事とは考えること

「え~、三つだけなんて、できっこない」

まあ、普通は、そう考えます。でも、それすら思い込みです。

ここは、強引に削ります。

「人間だもの、できないことはできない(笑)」

ということで、物事をなるべく単純にし作業を減らせるだけ減らしてみてください。

三つしか仕事をしないと、時間が余ってしまうと思うかもしれませんが、その時間は、思考する時間に当てていくのです。

三つだけに仕事を絞り込むという真の目的はここにあります。

仕事といっても、ただ作業に追われているのでは、何事もうまくいきません。
本当の仕事とは、作業することではなく、本来は、思考することなのです。
考えて、考え抜くことこそが本当の仕事なのです。

そのための、方法が一日の仕事は三つだけにする。
このルールなのです。

社長の仕事は、社員の仕事と違います。ただ無闇に走り回っていたのでは、大事な仕事ができなくなるのです。

小さな会社が儲かる7つの基本戦略

関連記事一覧

error: Content is protected !!